「行動するコツ」を元リクルートの起業家に根掘り葉掘り聞いてみた

スポンサーリンク

こんにちは、Shin( @Speedque01)です。今回は、リクルートを経て独⽴され、現在はウェブベンチャーの会社を2 社経営され、オンラインサロン「トリイくんのファーストペンギン⼤学」も運営をなさっているトリイさんに「⼈が動き出す為に必要な⼒」についてお伺いしたいと思います。

Shin:経営者の⽅のお話聞く機会はとても貴重なので、⾊々とお伺いできればと思います。よろしくお願いします。
トリイ:こちらこそ、よろしくお願いします。

⽌まらない為に必要な「⼿⾜を動かす⼒」

Shin:リクルートから独⽴し、ベンチャーを2社⽴ち上げ、PV モンスターという新しいサービスを作ったトリイさんの姿勢はまさに「ファーストペンギン」だと思っているのですが、⼤切になさっていることをお伺いしてもよろしいでしょうか?

トリイ:ありがとうございます。⾜を⽌めたら終わりだと思っています。だいたいほとんどの⼈は⼿しか動いてないような印象が強くて。

Shin:なるほど。「⼿を動かす」「⾜を動かす」ってどちらも同じようなイメージだったんですけど、「⾜を動かす」というのがオフラインの場でいろんな⼈に突撃していくっていうイメージでしょうか。

トリイ:そうですね。よく、リクルートでも⼿と⾜両⽅動かせってずっと⾔われてたんですけど、「⾏動する」というのが⾜を動かすで、企画をしたり「考える」ほうが⼿を動かすというイメージです。

Shin:いろいろ企画書は作るけれども、⾦は稼いでないよっていう状態が「⼿を動かす」で、「⾜を動かす」は実際に客を集めて⾦を稼いでっていうことですね。

トリイ:はい。例えばビジネスであれば、ビジネスをやりたい、起業したい、お⾦を稼げるようになりたい、っていうのが願望としてあるわけじゃないですか。そしたら、⾜を動かすっていうのは、お⾦をもらったときに初めて⼀歩なんですね。その⼿前までは、全部⼿なんですよ。

トリイ:このように僕は認識しているので、ほとんどの⼈は基準がズレてるんじゃないかと。⾜を動かしてると思ってるんでしょうけど、⼈のセミナー⾏ったり、⼈のオンラインサロン⼊ったりしてても、それ、⼿動かしてるだけなんです。当たり前のように何も変わらないですよね。

Shin:最近、僕が運営しているオンラインサロン「Players」では、副業で1000 円稼ぐチームっていうのを作っていて。結局、⼈からの教えを受けても意味はないので、とりあえずまず⾃分で稼いでみることをおすすめしています。

Shin:1 万円や10 万円は⾼いので、ちょっと1000 円まずは稼ごうかな?みたいなところでやってますね。そこさえできれば1 万円にもなるし、10 万円にもなるし、100 万円にもなるんじゃないかな?っていう。

トリイ:いいですね、正しいと思います。

Shin:ありがとうございます。サロン運営の⾯でお伺いしたいんですけれど、さきほど「サロン⼊ってるだけじゃ意味ない」っていうお話があったじゃないですか。もちろん意味が全くないわけではなくて、もちろんいろんな情報が得られるし、いろんなチャンスを得られると思うんですけど、結局最後には何もしなければ変わらないっていうところがやはり⼤きいのかなと思っています。

Shin:トリイさんも「オンラインサロンに⼊ってるだけじゃ意味がない」とおっしゃいつつもオンラインサロンをやっているわけじゃないですか。っていうことは、⼊って満足!だけではなくて何か⾏動を…⾔い⽅悪いですけど、半強制的にするような仕組みがあるんじゃないかなと予測しているのですが、いかがでしょうか。

トリイ:そうですね、ずっと僕もそうやって⼈に教える仕事だったりっていうのをやってきたので、何が必要かだいたい分かってるんですね。

Shin:動き出すためには、ってことですか?

トリイ:動き出すにもだし、こういうふうにしていくと、⼈間っていうのはやりたいことが⾒つかるというステップがもう完全に分解できています。表には出してないですけど、裏側にはもうガチガチの…事業計画とかプランとか全部書⾯で落としてあるんで、それがワークしてるっていう感じですね。

Shin:そのサロンの内容という話では、やりたいことが⾒つかるステップって僕は「やりたいこと探しをやめよう」っていう姿勢で攻めたりしてるんですけど、トリイさんの中で、やりたいことが⾒つかるステップを分解したものを簡単に教えていただいてもよろしいでしょうか。

⾏動を起こすための4つのステップ

Shin:ぼくの考え⽅になるのですが、⼈が⾏動を起こす為には4 つのステップに分かれると思っています。

Shin:1ステップ⽬が、とりあえず何でもいいから興味があることをやってみる。できれば、消費するようなものではなく何か⽣産するようなことを。本を読むとかだけではなくて誰かに話してみるでもいいし、ブログ書いてみる、ツイッターでもいいから何か⽣産をしてみる。

Shin:2つ⽬が、そのアウトプットっていうのをほかの⼈に⾒せていく。そうやっていくと「だんだんと⾒えてくるもの」があると思っていて。例えばプレゼンテーションかもしれないし、ブログかもしれないし、コンサルテ
ィングかもしれないですけど、そうやってアウトプットしてフィードバックもらっていくと、だんだんとスキルがついていく。

Shin:3つ目としては単純にやったことを得意にする。

Shin:4つ⽬としては、最終的にそれをさらに突き詰めて、⽇本でもトップ100とかそのくらいのレベルまで⽬指すのか、それともトップ1000くらいになったらほかのことにまた広げるのか、っていうのはまたそこで考える。で、またステ
ップ1 に戻る。みたいな感じのループを回していけばいいんじゃないかなと。

Shin:そうやっていくうちに、何がやりたいんだろうとか考えている暇もなくなって、いろんなスキルがついて、⼈から認められたりだとかお⾦を稼げる状況になるかなと思います。

Shin:ただ、ちょっと荒いような気もしていて、もっと細かいステップがあれば教えていただきたいなって思ったりしてます。

トリイ:僕の考えもほとんど変わんないですね。興味があることをやってみる。これは最初から「めちゃくちゃやりたいこと」とかじゃなくていいからってことですよね。

Shin:なんとなくで良いからまずはやってみるということですね。

トリイ:ちょっとでも感度が引っかかれば、⼿出してみようぜってことなんですよね。これもすごい⼤事だと思うし、アウトプットね。やりっぱなしじゃなくて、⼈に表現したりすればいい。

Shin:⼝に出してみるとか、⾏動するべきかなと思ったりしますね。

トリイ:アウトプットは大事ですね。「得意まで昇華させる」っていうのは、武器になるまで磨くって感じなんですか?

Shin:ある程度までは、という感じですね。具体的には、ほかの⼈にまあまあ教えられるレベルまで。セミナーだったら、5 ⼈か10 ⼈くらい集められるくらいまでにしとくといいかなっていう気がしますね。

トリイ:で、さらに深めて、ポジショニングするって感じですかね。

Shin:そうです。そこで「そうでもなかったな」って思ったら、また次に⾏くのもアリだと思ってます。

トリイ:なるほど、ノーリスクですもんね。

トリイ:僕が思ってる図案はもうちょっと細かいかもしれません。Shinくんが書いてる「7つの仕事術」を読んで思ったのですが、基本的に強者の理論なのではないかと感じました。

トリイ:メンタリティーがもともと仕上がってればうまくいくと思うんですけど、ほとんどの⼈って「興味があることをやってみる」って⾔っても、「結局こんなのお⾦になんないよね」とか、先に想像してブレーキをかける⼒が結構発達してるので。

Shin:⼈ってそうですよね、確かに。

トリイ:なので、そこを⾃分の実⼒でお⾦に変えれる⾃信があったり、やってみないと分かんないじゃん!って⾔えるような⾻太さがあったりすれば、「まぁやってみよう」って進めるんですけど、ほとんどの⼈は先に悪い未来のほうを想像しちゃうので、「やってみようよ!」って⾔ってもやらないんですよ。だから、挑戦には安⼼がいるかなって思ってます。

Shin:失敗しても名にやってもいい、失敗ウェルカムみたいな環境ってことですかね。

トリイ:そうですね。だからオンラインサロン「トリイくんのファーストペンギン⼤学」では、⽉に⼀回「学内放送」っていうのをやってるんですよね。そこで、今⽉⼀番派⼿にスベった⼈を表彰してるんです。

Shin:いいですね。

トリイ:「ファーストペンギン賞」って名前なんですけど、そこでオリジナルのクオカードをプレゼントしてます。

トリイ:ぼくは組織とか⽂化の醸成ってモチベーションアップではなく評価制度が重要だと僕は思ってるんです。⼝で⾔っても伝わらないので、明確に「表彰」とかいうかたちでリターンがあると、「あ、これがいいことなんだな」って感じてもらえるんですよね。

Shin:これをすれば認められるんだなとか、そういうことですよね。

トリイ:今の資本経済上だと、⽣産性が⾼い⼈間しか評価されないっていうシステム上、ベクトルが⼀つにかなり限られてしまってるので。なので、たぶん会社とか資本主義の外でやりたかったんですね。

Shin:なるほど。だからサロンっていう、ちょっと新しいビジネスの形になったっていう感じなんですかね。

トリイ:そうですね。そこで⼀つ、いわゆる会社でも家庭でもない、今までの資本主義と違う評価軸で評価される場所を作りたかったので、スベった⼈を表彰してます。

Shin:たぶん本質的にトリイさんが目指されているのは「スベったらオッケー」ではなくて、「チャレンジす
る⼈を増やす」ということなのかな?と思いました。

トリイ:その通りです。

それでもチャレンジできないなら「今は違った」でいい

Shin:失敗を表彰するという⽂化の中でもチャレンジをできない⽅っているんじゃないかなと思うんですけど、それはどうでしょうか。

トリイ:もちろんいます。

Shin:それって何でなんでしょうね?そういう⽂化を作ってまでもできないっていうことは何か理由があるように思います。

トリイ:それって、教育やってると必ず当たる問題だと思ってて。教育って結局、与える側の努⼒で変わるものじゃないと思ってます。

Shin:限定的ですよね、かなり。

トリイ:最終的には受け取る側の問題なんです。別に責任転嫁してるわけではなくて、当然最⼤限の努⼒はします。だからもう、うちなんか売り上げの半分以上経費に使ってます。いろんな施策打って、バンバン今みたいなロジックも組み⽴てて。とにかく、できるだけみんなが望んだ⼈⽣に近づけるようにサポートをやるんだけど、やっぱりあっちの扉が閉じてたら受け取れないんですよね。

Shin:何をやっても無理ですよね、そこは。

トリイ:それは結局タイミングだと思ってて。⼈間の問題じゃなくて、タイミングの問題ね。

Shin:開くときがあるよねってとこですよね。

トリイ:そう、その⼈がダメとかじゃないんです。今は違ったんだなっていうふうに受け取るとか。あと、それって別にみんな⼀緒で、段階の問題なんですよ。

トリイ:仕事でもしまだ経験が浅い部下がいた場合、自分でやったら正直3 ⽇で10 倍のクオリティを出せると思うことはありますよね。

Shin:ありますね。

トリイ:とはいえ、そこをぐっとこらえて待たないといけない。⼈間の成⻑には、「待ち」が必要だと思ってるんですよ。だから、⾃分の成⻑ペースとか成⻑ラインを押し付けないっていうのは、教育では⼤事なのかなと思ってます。

Shin:おっしゃる通りですね。なので、僕らが提供者としてできることは、⾃分が考えたことをしっかりと実⾏して、お⾦も使って皆さんの成⻑にコミットしつつ、それを押し付けない。扉が開いたら、そのときに受け取っていただければありがたいなっていうかたちですよね。

トリイ:そうだね。そこだから最後の⼀線越えて、「こういうふうに成⻑しやがれ」みたいなのとか、さらに⾔うなら、「こうならないとダメなんだ」みたいなところまで踏み込んでしまうと、それはやっぱり違うのかなっては思います。

Shin:それやっちゃうと、ほんとに⾃分と同じような⼈しか残らなくなってしまいますもんね。

トリイ:そうなんですよね。

Shin:なるほど、⾃分⾃⾝のサロン運営についても多くの学びを頂けました。本⽇はありがとうございました。

トリイ:こちらこそ、ありがとうございました。

⼀歩を⽣み出すための「環境」と「安⼼」

現役の起業家の方のお話、いかがだったでしょうか。トリイさんはロジックと情熱を併せ持った、非常に素晴らしいビジネスパーソンであると感じました。この域に達するには時間が必要ですが、ぼくもひとつずつ頑張っていかないといけないな、と刺激を受けました。

特に「一歩踏み出す環境」の話は参考になるところが多いと思います。「これやれ」「あれやれ」と強制されるのではなく、「ここでなら何を言ってもいいんだ、やってもいいんだ」と自然と思えると、どんどん行動できるようになっていきますよね。ぼくもそういう環境を用意できるように精進していきたいものです。

トリイさんのブログはこちら →トリイケンゴ.com ( ・`д・´)

トリイさんのオンラインサロンはこちら →トリイくんのファーストペンギン⼤学

オンラインサロン「Players」で、⼀緒に動き出してみませんか

「⾃⼰肯定感が低い」と感じている⼈の場合、自分ひとりで行動に移すことは結構難しいです。今までずっと「お前なんかうまくいかない」といわれ続けていたのに、いきなり周りの⼈がガラッとやさしくなったりすることも考えづらいですしね。

現在はオンラインでもオフラインでもいろいろなコミュニティがありますので、ぜひご⾃分の⽬的や志向に合致したところを⾒つけて⼊ってみるといいかもしれません。

記事中にも出てきましたが、ぼくは「Players」という名のオンラインコミュニティを運営しています。「仕事の悩みを解決する」というテーマで、400 名強のみなさんが⽇々活発にディスカッションをしたりお互いにアドバイスしあったりしています。

ぼく⾃⾝も、ここでみなさんの変化をサポートする活動をさせていただいています。「コンサルティング思考で仕事について語り合うチーム」で仕事について真剣に話し合ったり、「業務改善習慣化チーム」で毎⽇ひとつずつ効率化をしていったり、「やりたいこと探しから卒業するチーム」で⾃⼰肯定感が低くプライドが⾼い⾃分の殻を破って少しずつ⾏動に移していくお⼿伝いをしています。

Players のその他の特典について、下記にまとめます。

  • ⽉額980 円ですべてのサービスが使い放題
  • 総計1 万4,000 円以上のnote や⾳声がすべてダウンロード可能
  • ⾃⼰紹介スレッド上での悩み相談(Shin や他Player が回答)
  • Shin による定期的なツイキャスおよびズームでのオンライン講座
  • Facebook スレッドを活⽤した、⽇々の⽣活を改善するためのスレッド(任意
    参加):毎⽇の予定スレッド、業務改善報告スレッド、ゼロ秒思考報告スレッド、ブログで
    ⾃⼰発信⼒を強化するスレッド、就職活動の悩み相談スレッド等
  • Facebook メッセンジャーを活⽤した少数グループでの密なコミュニケーシ
    ョン(任意参加):エクセルチーム、ブログ3 ヶ⽉で30 記事チーム、セルフコーチングチ
    ーム、個⼈サービス売上向上チーム、⼥⼦会チーム、筋トレ&ボディメイクチーム、暗号通
    貨勉強チーム、傾聴⼒向上チーム、デザインにマジになるチーム、マインドフルネス実践チ
    ーム、業務改善習慣化チーム、コンサルティング思考で仕事について語り合うチーム、ロジ
    ックツリー特訓チーム etc
  • 不定期に開催されるオフラインイベント(別途参加料⾦がかかる場合があり
    ます):オフライン仕事術セミナー、セミナー講師チャレンジ会、Players 夏の陣(全体飲み
    会)、Players 関⻄飲み会、Players 速読セミナー、Players 資産運⽤セミナー、ランチ会 etc

現在参加者数は444 名ですが、いったん500 名で募集をストップする予定です。その後の参加者募集については未定となっております。もし「⾃分の殻を破って少しでも⾏動をしてみたい!」という⽅がいらっしゃったら、ぜひ参加してみてくださいね。