積極的に発信する習慣を身に着けるために必要な「自己理解」とは。

スポンサーリンク

こんにちはShin(@Speedque01)です。プロブロガーの八木仁平さんと対談させていただく機会を頂きました!そのときの内容を記事にしてみました。

八木さんは2016年に早稲田大学を卒業してから、そのままフリーランスとして活躍されています。「新卒フリーランス」として一時期大きく話題にもなりましたね。詳しいプロフィールは以下の通りです。

八木仁平(やぎじんぺい)/ ブロガー
大学時代にミニストップのバイトを2ヶ月でクビになったことがきっかけで、もう好きなことしかやらないと決意。
早稲田大学卒業後、新卒フリーランスとして独立し、これまで300人以上に好き勝手生きるための発信術を指導。
2016年6月より350万円でキャンピングカーを購入し車上生活をスタート。しかし、4ヶ月で挫折。
その後も、自分が興味を持ったことを実践しメディアを通じて発信することで生きています。
モットーは「発信力を鍛えて好き勝手生きる」

八木さんのブログはこちら → 八木仁平オフィシャルブログ

では、対談の中身に入っていきましょう。

プロブロガーから経営者へ

Shin:八木さんは今後どのような方向で活動していくのでしょうか?

八木: これからは、経営者として頑張っていきたいなと思っています。個人プレーに飽きてきたので。。

Shin:会社を作られるのですね。

八木:そうです。2018年内には法人化しようと思っています。ミッションは「自己理解を深める人を増やすこと」です。
“自分の適性に気づいて、納得のいける人生を送る”ことにフォーカスして、事業に取り組んでいこうと思ってます。

*すでに会社を立ち上げられたようです!

遂に!僕が今のタイミングでフリーランスから代表取締役になった4つの理由

Shin:面白いですね。大学生向けとか、社会人向けとか、いろいろコースを用意するんでしょうか?

八木:まずは、個人向けに事業を行おうかと考えています。最初は1対1でコーチングをやりつつ、パッケージ化を図ります。うまくパッケージングできたら、グループでの講座等も実施して広めていければなと思っています。

「自己理解」に特化したオウンドメディアも立ち上げ、そのメディアと今までのブログの両方からお客様を集められればうれしいなと。

Shin:オウンドメディアいいですねー。そちらのメディアでは、ライターさんに記事を書いていただく形でしょうか。

八木:はい、おっしゃるとおりです。すでに「一緒にやりたい!」といってくれている方々がいるので、その方たちに協力いただいて立ち上げていければと。はやく軌道に乗せて立派なメディアにしていけたらなと。

Shin:いいですねー。ぼくもいつか、自分が編集長でライターさんに記事を書いていただくようなメディアを作りたいのですが、自分自身のこだわりが強くてなかなかうまくいくイメージが持てないです。その点八木さんは本当にすごいなと思います。

ちなみに、八木さんは生活拠点をいろいろと変えているイメージがあるのですが、今はどちらにいらっしゃるのでしょうか。

八木:金谷のまるもというコワーキングスペースを拠点としています。今作ってるメディアが軌道に乗るまで、そこで活動していけたらなと。そこのオーナーが山口さんという方なんですけど、ぼくのやりたいことを非常に素敵な形で実践されている方で、本当に勉強になります。経営者として勉強になります。

*山口さんのブログ → 日本の田舎を開拓してみる

Shin:なるほど、ありがとうございます。話は変わりますが、サロン運営に関してお伺いしてもよろしいでしょうか。運営に関して悩まれることはありますでしょうか?

八木:価値を提供するために個別化して考えないといけないところですかね。メンバーがそれぞれ自分の向き合っている課題の種類や難易度が違うので、一人一人に対してどうコンテンツを提供し、どういうコミュニケーションをとっていくかという点を個別化して考えないといけない。そこが難しいですね。

Shin:わかります。最大の価値を提供しようと思ったら、最終的には1対1にならざるを得ないんですよね。しかしながら、それでは時間が足りなくなってしまうので、どうやってうまくグループ化していくかが重要だなと。

八木:メンバーを課題や特性で分類して、サービスを提供しようとしていますが、2年経ってもまだ上手くいかないですね。

Shin:ですよねー。完璧にうまく回せている人は、ぼくが知っている範囲ではいないですね。もちろん自分も含めて。みんな同じように試行錯誤をしてるなと思ってます。

Shin:「属性で人を分ける」というのは、シンプルですけど効果的ですよね。ぼくも20代限定セミナーを実施したりしていますが、やはりかなり盛り上がりますね。年齢だけでなく、抱えている課題や目指したい姿等でゆるやかにグルーピングをして、一緒に頑張れる仲間を作るのがよいのかなと。

八木:確かにそうですね。

Shin:八木さんは今後、経営者として自己理解をテーマに1対1からコンサルティングを始め、パッケージ化していく。
さらに、ほかの人にご自身のスキルを伝えて自分自身の影響力を上げていく、そういう流れですね。

八木:そうですね。もっと社会に広く影響を与えられるようになりたいですね。

Shin:失礼な言い方かもしれませんが、八木さんの現在の発信内容は、過去に比べて丸くなったというか、洗練されたようなイメージがありますね。

八木:(笑)。少し大人になった、ということかもしれないですね。でも、周囲のしっかり働いている方からみたら、現在発信しているブログの内容も拙いんだろうなと感じています。でも発信しなければ前に進めないので、自分が未熟だということを知りつつ、発信し続けたいですね。

それぞれの性格を活かして発信をしていこう

Shin:八木さんの話で一番皆さんに覚えていてほしいなと思ったことは、「内向的であっても一歩踏み出して発信していくこと」が大事だということです。八木さんはご自身のことを「内向的」とおっしゃっていたじゃないですか。

八木:はい。

Shin:「内向的な性格である」とご自身で理解されているにも関わらず、八木さんは発信をし続けていますよね。たとえ自分の性格が内向的であろうと、自分から世界に働きかけ続ける。世界に影響を与えて楽しく過ごしたいのであれば、怖くても一歩踏み出して発信することが大切だと、そういうメッセージを受け取りました。

八木:そうです。発信に関しては、「性格が内向的か、外向的か」とかいうよりも、それぞれに合った発信の方法を知ることが大切だと思います。ざっくりとした分類ですが、「外向的な人は話すことが得意」「内向的な人は書くことが得意」という傾向があります。

外向的な人の場合、「周りに影響されてブログを始めたけど、なんとなく性に合わなくてやめてしまう」というパターンが多いですね。そういう人は動画を配信することが向いているのではないかと思います。YouTubeに得意なテーマについて話したり、「やってみた動画」をアップするとか。

八木:どのような方法でもいいのですが、発信はするべきだとぼくは考えています。さっきShinさんがまとめてくださったように、社会に対して自分からアプローチしていく姿勢をとり続ける。そうなると、人生をコントロールできる範囲が広がって、楽しくなるんじゃないかなと思います。

「没頭」するためには自己理解が必須

Shin:そうですよね。「自分から何かをしたい」と思っているときと、「誰かからやらされている」というときは全然パフォーマンスが違う。10倍、20倍の差が出てもおかしくない。

八木:そうなんですよ。今の時代のキーワードは「没頭」と言われています。いかに、好きなことでフロー状態に入れるかが重要なんです。集中している状態に入れるかというのが幸せの基準でもあるし、いい仕事ができるかどうかの基準でもあるんです。

そのフローに入るための条件として、「主体性」がカギになってくる。何にしても受け身ではなく、「自分から仕掛けてやる」という気持ちで取り組めば仕事も楽しくなる。

八木:その結果、没頭できて成果も上がるようになって、自己実現ができるようになると思います。「小さな発信から始めて、社会に対する主体性を身につけていく」という観点を持って行動すること大切だと考えてます。

Shin:ありがとうございます。主体性は本当に大事ですよね。それに関して、少し具体例を出して話させていただいてもよろしいですか。

八木:ぜひ!

Shin:ぼくもオンラインコミュニティ「Players」を運営しています。もちろん、中には退会される方もいらっしゃいます。退会時のメッセージで、とても考えさせられることをおっしゃっていた方がいらっしゃいました。

「Playersはコンテンツも豊富だし活発だし、とても面白いメンバーが集まっている素晴らしいコミュニティだと思っています。しかし、チーム制度を活用したりスレッドに投稿したりしても、結局周りの人に気が引けてしまって受身のままになってしまいそうです。だから、退会したいと考えています。」

Shin:なるほど・・・と唸ってしまいました。「どうしても受け身になってしまいそう」という問題に対して、自分はどのようにアプローチすればいいのか、大変悩みました。そして、現在も明確な答えは見つかっていません。

基本的に、人を変えることはできないとぼくは考えています。自分自身で「これから主体的になるんだ」と決めた瞬間に主体的になれますし、そうでない限り一生変わることはできないのかなと。八木さんは、受け身になりがちな人の特徴についてどうお考えでしょうか。

八木:ぼくは、受け身になる人は「プライドが高い」もしくは「自己肯定感が低い」のどちらかかなと考えています。ここを突破するためには、まずは自己理解を深めることが必要だと思います。

八木:社会からの情報に反応するのを一回やめてみるんです。1週間ネットを切って、自分にひたすら問いかけてみたり、科学的な診断を使って、自分のことを知る。そして自分自身を認める。

そうやって、自分のプライドの高さや自己肯定感の低さを徐々に良い方向に導いていくことができるのかなと。そこをサポートできるようになれたら良いなと考えています。

Shin:素晴らしいですね。大変ありがとうございました!

オンラインサロン「Players」で発信を習慣化してみませんか。

記事中にも出てきた通り、ぼくは「Players」という名のオンラインコミュニティを運営しています。「仕事の悩みを解決する」というテーマで、400名強のみなさんが日々活発にディスカッションをしたりお互いにアドバイスしあったりしています。

無理やり「発信しろ!」と強制することはまったくしていないのですが、参加者のみなさんが自身の課題を解決するために日々切磋琢磨されており、ぼくも可能な限りディスカッションに参加してみなさんのサポートをさせていただいています。ブログを始める人もいれば、動画で自身のスキルを棚卸しし、ビジネスに繋げている方もいらっしゃいます。

Playersにはその他にもいろいろと特典があります。

  • 月額980円ですべてのサービスが使い放題
  • 総計1万4,000円以上のnoteや音声がすべてダウンロード可能
  • 自己紹介スレッド上での悩み相談(Shinや他Playerが回答)
  • Shinによる定期的なツイキャスおよびズームでのオンライン講座
  • Facebookスレッドを活用した、日々の生活を改善するためのスレッド(任意参加):毎日の予定スレッド、業務改善報告スレッド、ゼロ秒思考報告スレッド、ブログで自己発信力を強化するスレッド、就職活動の悩み相談スレッド等
  • Facebookメッセンジャーを活用した少数グループでの密なコミュニケーション(任意参加):エクセルチーム、ブログ3ヶ月で30記事チーム、セルフコーチングチーム、個人サービス売上向上チーム、女子会チーム、筋トレ&ボディメイクチーム、暗号通貨勉強チーム、傾聴力向上チーム、デザインにマジになるチーム、マインドフルネス実践チーム、業務改善習慣化チーム、コンサルティング思考で仕事について語り合うチーム、ロジックツリー特訓チーム etc
  • 不定期に開催されるオフラインイベント(別途参加料金がかかる場合があります):オフライン仕事術セミナー、セミナー講師チャレンジ会、Players夏の陣(全体飲み会)、Players関西飲み会、Players速読セミナー、Players資産運用セミナー、ランチ会 etc

現在参加者数は450名ですが、いったん500名で募集をストップする予定です。その後の参加者募集については未定となっております。もし「自分の殻を破って少しでも行動をしてみたい!」という方がいらっしゃったら、ぜひ参加してみてくださいね。