仕事に情熱を持てないのは悪ではない。自分の得意を引き出して仕事を楽しむ秘訣とは?

スポンサーリンク

こんにちは、Shin(@Speedque01)です。今回は仕事を「情熱を育むトレーニング」として活用しよう。をテーマにお話します。

先日ネットサーフィンをしている時に、「情熱を探そう」というアドバイスはもうやめようというとても良い記事を見つけました。記事内容を要約すると「情熱を探そう」というアドバス自体には「興味関心の幅を広げられない」「諦めを誘発してしまう」「感情に流されがちになる」などの弊害がある。「情熱を探そう」ではなく、「情熱を育んでいこう」のスタンスの方が良いのではないかという内容です。

データを用いて色んな側面から語られている、とても良い記事でした。

そこで今回は、このお話を元に仕事に関連した内容で解説していきます。今回のお話を意識することで、無理矢理仕事に対して情熱を探すことなく、楽しく仕事をすることができるようになりますよ!

*YouTubeで動画にもしているので、こちらもあわせてご覧ください↓↓

情熱を持って仕事をしている人はほとんどいない

情熱を探すことに良し悪しや正解などはありませんが、「情熱を探そう」という話自体がとても難しいことだと思います。

情熱がある人は良いですが、世間一般的には仕事に情熱を持って取り組んでいる人はそんなに多くはありません。例えば「周りも就職している」「日々生活していくためには仕方がない」というモチベーションで仕事をしている人の方が殆どですよね。もちろん、色んなWeb記事や自己啓発の書籍を読んで「よし、情熱を持って仕事に取り組まなければ」と思うこともありますが、中々簡単に情熱を持ち続けることはできません。

大半の方は、大学生の時に就職活動をして会社に入ったと思いますが、殆どの人が「この会社最高だぜ!」と思っているわけでもなく、会社選びに妥協していたり、入社後も会社の悪いところが見ていたり、「自分がやりたいことではない」と思ってしまう人もいます。

ぼく自身も最初から情熱を持って仕事をしていませんでしたし、今でもないと思っています。情熱を持つという考え方よりも、日々行っていることに対してより夢中になり、力強く進めていくマインドセットを付けるトレーニングしていく考え方の方が近いと思います。

★参考記事

仕事に対する視点を変え、人より得意なことを見つけよう

ぼく自身、内定をもらって働き出すまでは「よし、コンサルティングファームに行ける。この会社で働くことで人生すべてうまく行く」と幻想を抱いていましたが、働き始めると現実は甘くないことがわかりました。

仕事で辛いことや面倒なこともあり嫌な気持ちを抱くこともありますが、そんな気持ちのまま何十年も人生を浪費するのは嫌です。いくら周りから褒められても、日々8~10時間も辛い気持ちを抱いたまま働くのは避けたいです。そもそもネガティブな感情を持ったまま働いても仕事のパフォーマンスは上がらないし、上司やお客さんから怒られたり、周りからバカにされることでモチベーションも下がります。

今の仕事に情熱を持って取り組めないこと自体、現時点では仕方がないことだとしても、そこで諦めないことが大事です。仕事をする上で全てがつまらない、辛いわけではないはずです。何か興味を持つことや、楽しいと感じることはあります。自分が興味を持つことや「他の人よりうまくできることは何か」を考え、少しずつでも主体的に動いてみることで、これまで全く面白いと感じたことがなかった仕事が少しずつ「もしかしたらこの仕事面白いのでは?」「もしかしたら一生懸命できるのでは?」と思える仕事に変わっていきます。

趣味と同じように仕事も情熱を持てば、パフォーマンスは上がる

せっかく一日8時間仕事をしていますし、夢中になっている趣味と同じレベルにまで情熱を育んでいくことが大事です。そうすると、仕事のパフォーマンスも出せるようになり、結果的に自分や周りの人のためになります。

ぜひ、今やっていることの中で情熱を持てそうなものを探してみてくださいね!そうすることで、仕事自体が楽しくなり、パフォーマンスもついてくるようになりますよ!

★次の記事はこちら



ブログとは一味違った生の情報を無料メールマガジンで配信しています。メールマガジン経由で、仕事の楽しさを見出す方法について個別でメール相談や質問をお受けすることも可能なので、よければ登録してみてくださいね。

また、適宜無料メールマガジンを配信していますので、こちらもあわせてどうぞ。

【無料/期間限定特典あり】仕事で成果を出し続けるための「Shinの公式メールマガジン」

【無料/期間限定特典あり】Shinの公式メールマガジン

【無料/期間限定特典あり】Shinの公式メールマガジン