「自分をカケラも信用しない」という裏ワザ的ライフハックについて語る

スポンサーリンク

こんにちは、Shin(@Speedque01)です。会社に入ってまもない頃、とても仕事に悩んでいたとき、ぼくはこう考えていました。

「もっと一生懸命がんばらねば」

「自分には努力が足りない」

そう思って、毎日夜遅くまで残業したり、英語や資格の勉強に精を出したりしていました。

しかし、残念ながら結果は出ませんでした。

ある程度は続くのですが、少し立つと疲れてしまったり、モチベーションが落ちてしまっていつの間にかやめてしまっていたのです。

そして、「自分はなんてダメなヤツなんだ」と自己嫌悪に陥る、という悪いループに入ってしまいました。

「人はそもそも怠惰である」という前提で考える

今から考えると、そのときの自分はかなり滑稽に見えます。

努力しようとすること、少しでも改善しようと行動すること自体は素晴らしいことです。

しかし、「一生懸命やろう」「努力しよう」と思うだけでうまくいくという想定をおいていたこと自体が、あまり賢くなかったのです。

少し自分のことを振り返ってみればわかるはずです。

  • 自分は努力家ではなく、すぐにサボりたがる
  • できることなら、勉強なんかせず寝ていたい
  • がんばることなく、でも周りからは褒められたい

自分が本当に思っていることは、この程度です。

「一生懸命がんばる、努力する」なんてことが長続きするわけはないのです。

これは、ぼくだけに当てはまることではないはずです。

多くの方は、同じような考えを持っているのではないでしょうか。

それなのに、

「自分に甘かった。このままではだめだ」

「もっと一生懸命やらなければ」

とつぶやき続けても、残念ながら状況は改善しません。

人間は弱い生き物です。

すぐ目先の快楽におぼれてしまうし、面倒くさいことはなるべく避けようとします。

しかし、ずっとそうやっているとじわじわと自分の首を絞めていきます。

そして、最終的には有形資産も無形資産も使い果たし、にっちもさっちもいかなくなってしまうのです。

そのときに必要な質問は、「じゃあどうすればいいか?」です。

ダメ人間でも結果が出てしまう環境をつくる

自分自身の「やる気」とか「気合い」なんてものを信じてはいけないのです。

自分自身を、カケラも信用してはいけません。

最終的には、「環境」や「仕組み」を作り、ダメダメな自分でも自然と努力を継続してしまう、結果が出るアクションをとってしまう、そのような状況を作り出すのです。

今まで、何回も自分を信じて失敗してきたのなら、もう自分を信じるのはやめましょう。

どうせサボってしまう、どうせ続かない、ということを前提にするのです。

そんな自分でも結果を出せるためには何が必要か?と常に問いかけ、仕組み化していくのです。

ぼくの場合は、それは「他人からの目」でした。

結構見栄っ張りなので、「自分がやる」と宣言したことをできないのはいやです。

また、自分がいろいろやった結果を「すごいね!」と褒めてもらえるととてもうれしくなります。

これらの自分の性質を生かして、ぼくはさまざまな活動を実施しています。

  • オンラインコミュニティ「Players」の運営
  • ビジネス書2冊の出版
  • このブログの運営
  • 講師としてビジネス講座に登壇
  • さまざまな媒体に寄稿

等々。

このような活動をすることにより、「サボると周りの人からの信頼を失う」「ちゃんとできれば褒めてもらえる」というペナルティとリワードをつけています。

やればやるほど自分にとって得になるし、やらなければ損をする、という非常に単純な仕組みです。

しかし、こういうものがあるからこそ、「面倒だ」「サボりたい」という自分自身の性質を乗り越え、いろいろな活動をすることができています。

自分を信じていないからこそ、上記のような機会を自ら作り出し、自動的に行動するようにしているのです。

ぜひ、努力や気合で物事を解決しようとすることをやめ、

「自分を信じずに、仕組みや環境で結果を出す」ということを意識してみてくださいね。

【無料/期間限定特典あり】Shinの公式メールマガジン

【無料/期間限定特典あり】Shinの公式メールマガジン