“人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている”がメチャクチャ面白いのですぐ読もう

スポンサーリンク

こんにちは、Shin(@Speedque01)です。ぼくはいくつか愛読しているブログがあるのですが、そのうちのひとつが「分裂勘違い君劇場」です。

とにかく中身が濃く、一般的に考えられていることについて「本当にそうなのか?」とその圧倒的な経験をもとにした説得力でなぎはらっていくブログです。

いつか自分もこんな文章が書ければ・・・と、目標にしています。

過去に記事にしたこともあります。

最強のブログ「分裂勘違い君劇場」を紹介しよう

このブログの著者であるふろむだ氏が、ついに書籍を出されました。

それが、”人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている”です。

ふろむだ氏の経験と知識、人間に関する深い洞察から繰り出される「人生のコツ」はまさに圧巻。

一部を紹介していきますね。

食欲でも睡眠欲でもない、性欲よりもはるかに切実な欲望

我々は、より効率よく生きるために、コントロールしようとするのでは、ないのだ。

コントロールしたいから、コントロールしているのだ。

コントロール欲求は、食欲や、性欲や、睡眠欲と同じぐらい、基本的な欲求なのだ。

「『コントロールできないもの』をコントロールしているという幻想に浸ること」は、「自慰」や「避妊しての性交」によく似ている。

「自慰」や「避妊しての性交」では、子供が生まれることはなく、性欲だけが満たされる。

それと同じように、「『コントロールできないもの』をコントロールしているという幻想に浸ること」では、実際にはコントロールはできないが、「コントロール欲」は満たすことができるのだ。

いや、それどころではない。コントロール欲は、性欲よりも、はるかに切実だ。性欲は満たされなくても、心身を害することはないが、コントロール欲が満たされないと、心身を害し、死に至ることすらある。

我々にとって、コントロールできないということは、恐ろしい苦痛であり、その苦痛を受け入れるぐらいなら、コントロールできるという幻想の中で生き続けたほうが、よっぽどましなのだ。

このコントロールへの欲求、改めて明文化されると思いあたる節がたくさんありますよね。

会社で出世したいと思うことも、すべてのことには成功するための秘訣があると思い込むことも、すべてはこの「コントロールしたい」という欲求があるからこそ生まれ出るものなのかもしれません。

この本の中では複数の実験が紹介されていますが、その結果も目を見張るものです。

「人はコントロール感を得られないと、健康を害し、最悪の場合死に至ることもある」という結果が得られているのです。

うつ病も、一方的に上司や先輩にいじめられつづけるという状況から生まれることが多いですが、究極的な原因はこの「コントロール感の欠如」かもしれません。

自分でコントロールしたいからこそ人は争うし、何かをコントロールするためのありもしないツールを探し求めてさまようのかもしれません。

ふろむだ氏は、こうも語っています。

「成功するかどうかはコントロールできない」という現実を直視するよりも、「成功するかどうかはコントロールできる」という幻想の中で生きたほうが、はるかに幸せなのだ。

しかし、この幻想に浸っていると、いつまでたっても人生を好転させることはできません。

しかし、「成功するかどうかはコントロールできる」という幻想に浸れば浸るほど、逆に成功確率は下がっていく。なぜなら、現実が見えていないと、成功確率を下げるような選択をし続けてしまうからだ。

このジレンマの解決方法も、この本の中で語られています。

興味がある方はぜひ購入して続きをお読みください。

一節だけで1記事にできるほどの濃さ。すぐに買おう。

今回は一節だけを抜き出してご紹介しましたが、この本の魅力を一記事で語りつくすことは到底できません。

ひとつひとつの洞察が大変深く、自分が今までなぜうまくいかなかったのか、また、どうしてうまくいくようになったのか、新たな視点からまとめなおすことができました。

まだまだ自分の中に完全に落としこめていないので、何回も読み返し、文章化して確実に自分のものにしていきたいと思っています。

ふろむだ氏は、本書の最後にこう語っています。

真に読む価値のある本は、読者に、新しい世界認識をもたらしてくれる装置になっている。

その本を読む意味と価値は、その新しい世界認識の空間内部で、初めて作り出される。

したがって、その本を読む意味と価値は、その本を読んだ人間にしか、理解できないのである。

本書は、そのような本になることを目指して書かれたものである。

それが成功しているかどうかは、読者に判断をゆだねるしかない。

この本を読んだからといって、すぐにお金が稼げるようになるわけでも、仕事ができるようになるわけでもありません。

しかし、この本で語られている内容を理解し、「世界の仕組み」を学べれば、それらもすぐにできるようになっていくはずです。

この本に、今出会うことができて本当に良かったです。

全力でオススメします。ぜひ買ってみてください。

【無料/期間限定特典あり】Shinの公式メールマガジン

【無料/期間限定特典あり】Shinの公式メールマガジン