人を幸せにして収入を上げ続けるための「4つのステップ」とは?

スポンサーリンク

こんにちは、Shin(@Speedque01)です。ぼくは一生懸命仕事や勉強をしていれば、仕事が上手くいき、自分も他人も幸せになり、結果的に収入が上がると思っていました。

しかし、コンサルタントとして社会人経験を積み、ブログやオンラインコミニティ、YouTubeやビジネスコーチなど自分のビジネスをしていく内に、「頑張るだけでは上手くいかないこと」に気付きました。

頑張るだけではなく、どのように努力をすれば上手く進めることができるか考えた結果、4つのステップでサイクルを回せば良いことが分かりました。

今回は、人を幸せにして収入を上げ続けるための「4つのステップ」について、お話します。

*YouTubeで動画にもしているので、こちらもあわせてご覧ください↓↓

収入を上げ、自分も他人も幸せになるためのステップとは?

自分も他人も幸せになり、結果的に収入を上げるためのステップは、以下の4つです。

  1. 思考力とマインドセットを鍛える
  2. どのセグメントで戦うべきかを考える
  3. 戦うセグメントで必要とされる力を磨き上げ、収入を増やすモデルを作る
  4. 他のセグメントを考え、同じことを繰り返す

それでは、1つずつ解説します。

思考力とマインドセットを鍛える

「思考力」と「マインドセット」は、全てのビジネスにおいて必要なスキルです。

ぼくが今までやってきたコンサルティングやビジネス講師では、思考力だけでなく「お客様のために」「アウトプットしてみよう」「素直に人の話を聞いてみよう」といったマインドセットがとても役に立ちました。

マインドセットは、SNSでの情報発信やブログのコメント、アドバイスを真剣に聞いてみる、相手のためになることを考えるなど少し意識することで身近なことから始めることができます。

思考力とマインドセットは鍛えて無駄になることはないので、自分の時間やお金を惜しまず、投資することをオススメします。

★参考記事

★参考動画

どのセグメントで戦うべきかを考える

ぼくの場合は、「戦略コンサルタント」というブランド、および「仕事ができなかった」という過去を掛け合わせています。戦略コンサルタントは元々仕事ができる人が多く、忙しくて情報発信している人が少ないため、「戦略コンサルタント」のブランドと「仕事が出来なかった」過去の掛け合わせを活かして、このセグメントで色々なサービスを展開しています。

戦うセグメントや目的を考えずに、プログラミングや英語、会計の勉強をするだけでは意味がありません。既に英語ができる人や、何ヶ国もの語学ができる人と普通に戦っても勝つことは難しいです。プログラミングの場合でも、「とりあえずRubyやってみよう」と目的も無いまま初心者に毛が生えたレベルで終わってしまっては、誰にも求められることはないでしょう。

「プログラミング×◯◯」「英語×◯◯」などのように、自分のキャラクターを掛け合わせて、どのフィールドで戦うかを考える必要があります。

戦うセグメントで必要とされる力を磨き上げ、収入を増やすモデルを作る

ぼくの場合は、「戦略コンサルタントとして仕事ができない人」のセグメントで戦うために、普段の仕事やYouTube、ラジオ、オフライン講座などを通して、仕事力やプレゼン力を身に付けようとたくさん努力してきました。

また、仕事ができず辛い思いをしていた時の気持ちを忘れないように、ぼくと同じ悩みを持った人に寄り添い、日々コーチングや傾聴スキルも磨いています。

これらをやることで、仕事ができずに辛い思いをしている人にも共感してもらい、手を差し伸べることができます。直接相談したい方向けに個別サービスを提供し、収入を増やしていくモデルを作っていこうと考えています。

★参考記事

他のセグメントを考え、同じことを繰り返す

1つのセグメントで収入を増やすモデルが仕組み化できたタイミングで、自分のキャラクターや経験を活かして、他に価値提供できるセグメントを考え、また同じことを繰り返していきます。

これら4つのステップを繰り返していくことで、幸せにできる人も増え、結果的に収入を増やすことができます。

ぜひ、周りの人を幸せにしながら収入を上げ続けるサイクルを手に入れてくださいね!

ブログとは一味違った生の情報を無料メールマガジンで配信しています。メールマガジン上で、収入を上げ続ける具体的なステップについて個別でメール相談をお受けすることも可能なので、よければ登録してみてくださいね。

【無料/期間限定特典あり】仕事で成果を出し続けるための「Shinの公式メールマガジン」

【無料/期間限定特典あり】Shinの公式メールマガジン

【無料/期間限定特典あり】Shinの公式メールマガジン