「気軽にチャレンジ、決めたら徹底」で突き抜けよう

スポンサーリンク

こんにちは、Shinです。

たまにこんな議論を見かけることがある。

  • 「いろいろなことにチャレンジするべき」派:まずはフットワーク軽くいろんなことにチャレンジしてみるべきだ。やってみないと何が自分に向いているか何かわかるはずがない。
  • 「ひとつのことに集中して取り組むべき」派:「これ!」と言うものを決めて、それを徹底的に突き詰めるんだ。必死にリソースを割いて努力しなければ、成果を出すことなんかできないんだよ。

これを読んでいるあなたは、どちらの派閥だろうか。

別にどちらが正しいと言うわけではないし、どちらが間違っているというわけでもない。

人によって向き不向きはあるし、タイミングやトピックによって、成功するためのやり方に違いがあるのは、今更言うまでもない。

とはいえ、それを結論としてしまうといささかしょぼいので、この議論に関するぼくなりの意見を述べていきたいと思う。

どうすれば成果が出るのか、どのような行動すればうまくいくのか、と思い悩んでいる人はぜひ読んでみて欲しい。

結論:「チャレンジ」と「フォーカス」は両方必要

結論から言おう。

両方やろう。

どういうことか、順を追って説明しよう。

まずは、フットワーク軽くいろんなことにチャレンジする、というところから始めよう。これは本当に大事なことだなぁとぼくも思う。

今、ぼくはサラリーマンとして働きながら

  • ブログ
  • ビジネス書執筆
  • オンラインコミュニティ運営
  • ビジネス講座講師
  • YouTube配信
  • ラジオ配信
  • ウェブメディア寄稿
  • 個別コンサルティング

等々やっているが、これらは全て「怖がらずに気軽にチャレンジした」という結果、得られたことだ。

もし、「しっかり準備して、自信をつけてから取り組もう」と考えていたならば、今のように活動を広げることができなかっただろう。

じゃあ、そうやって気軽にチャレンジをし続けていけばいいかというと、それがそうでもなかったりする。

上記に挙げたもの以外にも、僕はいろいろなチャレンジをした。

その中で、目が出ずにお蔵入りとなってしまったものもたくさんある。

ただ、現在まで続けている活動は、始めたときから「ある程度行けそうだ」という感覚があった。

ブログを書くのは楽しいし、人前でしゃべったり、ラジオやYouTubeも苦手ではなかった。

そう思ったら、次にやるのは「突き詰めること」だった。

やっていて苦にならず、他の人以上のクオリティーを出せる活動を見つけたら、それを徹底的にやりこんだ。

ブログは1ヵ月で50記事以上書いたこともあったし、ラジオも週2回配信を続けている。

YouTubeはまだまだこれからだが、量も質もどんどん上げていきたいと考えている。

そうやっていくと、ある時から周りの人に「この分野ならこの人が強い」と思ってもらえ、新たなチャンスがもらえるようになる。

そうしたら、またそのチャンスに取り組み、それが向いていたら突き詰める。

それを繰り返していくと、自分の活動はどんどん広がりを持ち、深みも増し、楽しくなっていく。比例して、収入や知名度も上がっていく。

このやり方は、決してぼくだけがやっているわけではない。

周りでうまくいっている人を見ると、似たようなプロセスで自分の活動の幅を広げている。

まずは気軽にチャレンジし、自分に向いているものがあったら突き詰める。それを繰り返していくことが成長なんじゃないかな。

【無料/期間限定特典あり】Shinの公式メールマガジン

【無料/期間限定特典あり】Shinの公式メールマガジン