「結果につながる目標達成」のためのシンプルな2つのコツ

スポンサーリンク

こんにちは、Shin(@Speedque01)です。会社員として働いていてよくある悩みが、「なかなか自分のスキルアップや勉強の時間が取れない」というものです。

下記のような状況に陥っている人、少なくないと思います。

仕事は忙しいし、家に帰ったら帰ったでさまざまな家事や事務作業が待っている。

英語の勉強をして今後のキャリアアップにつなげたいし、ブログ等の副業も気になる。

気になるけど、つい目の前のビールやゲーム、SNSに手が伸びてしまって結局何もできない。

元旦に1年の目標を決めたものの、それがなんだったのかもはや思い出すことも難しい。

自分はなんてダメなヤツなんだ。

これに共感できない方は、たぶんこの記事を読むまでもなくゴリゴリに目標達成ができるスーパーマンでしょう。

「あるある!」と共感してくださった方のために、以降で「実際に結果につながる目標達成のコツ」をお教えするので、少しお時間をください。

そもそも「目標を立てて行動する」なんて普通はムリ

まず、普通の人は「意識の高い目標を立て、そのために毎日自己研鑽する」なんてことはできません。

どうしても人間は「目の前の快楽」を重んじてしまうので、「結果が出るかどうかもわからない目標のために、毎日つらい思いをしてがんばる」なんてことはできません。

頭では「それをやると将来いいことがある」と思っても、目の前の快楽に負けてしまうものなのです。

もし目標を立てるだけでそれを毎日実行できるようになるとしたら、こんなにも多くの目標達成本や、英会話教室、ダイエットサポートサービスが出ているはずがないのです。

まず、「一般的な人間には、意識の高い目標を立てて行動する、なんてことは基本的に不可能である」という認識を持ちましょう。「自分にはできる」「今回こそできる」と思ってしまうから、毎回同じような失敗を繰り返してしまうのです。

目標設定のコツその1:「1ヶ月単位」で実施する

先ほど述べたとおり、人はあまりにも未来のことについて魅力を感じない傾向にあります。

逆を返せば、「短期間であれば、大きな魅力を感じられる」かつ「締め切り効果を得られる」ということになります。

「1年でTOEICを900点に伸ばす」だと、「遠すぎるな」「まだまだ先だからあとからがんばればいいか」と思ってしまい、結局何もやっていない、ということになります。

そうではなく、「最初の1ヶ月でTOEICを700点まで伸ばす」「次の1ヶ月で800点まで伸ばす」「さらに次の1ヶ月で900点まで伸ばす」という風にすると、すぐさま行動に移れるようになります。

1ヶ月であれば、すぐに結果が見られるのでモチベーションもあがりますし、すぐさま行動に移らないとヤバいと自然とお尻に火がつきます。

目標設定のコツその2:仲間と一緒にやる

人はサボる生き物です。なるべく楽をしたがります。

目標達成のための努力だとか、コンテンツ作りだとか、そんなものはなるべくやらないようにしたいのです。

なので、ひとりでそういうことを進めようとしても、ほぼほぼ挫折します。

それを防ぐために、仲間を作って一緒にやることが効果的です。

ライングループでも、Facebookメッセンジャーグループでもいいので、同じ目標を共有する仲間を作り、お互いにアドバイスをしあったり、進捗を共有したりするのです。

そうすると、

  • みんながんばってるんだから、自分だけサボるのはかっこ悪いな
  • 一生懸命やっていると、かっこよく思われるかもしれないな
  • 最初に宣言したことをできないと、「ダメなヤツだ」と思われちゃうかもしれないな

と自然に考えるようになり、結果としてサボらなくなっていきます。

オンラインコミュニティ「Players」を活用した目標達成の仕組み

この二つの仕組みは、オンラインコミュニティ「Players」にも組み込んでいます。

その仕組みは「チーム制度」と名づけています。

  • 少人数で濃くコミュニケーションをとり、1ヶ月で集中的に目標を達成するための仕組み
  • Facebookメッセンジャーグループで実施する。発言および目標達成のための行動が必須となる
  • リーダーは誰でも立候補することが可能。リーダーに一度でもなると、世界が変わって見えるようになります。
  • チーム例:「1ヶ月で2キロ体重を落とすためのチーム」「1ヶ月で10記事ブログ更新するチーム」「1ヶ月で瞬間英作文を全文暗記するためのチーム」「1ヶ月で本業以外に1万円稼いでみるチーム」「1ヶ月でセミナーを開催してみるチーム」等

チームのルールは下記です。

  • 発足時、なるべく明確に(できれば数字で)目標を明示する
  • 期間は発足日から1ヶ月。継続したい場合も一度終了し、再度募集する。
  • 最大人数は、リーダー含めて6人まで
  • リーダーは、チームの全体のコミュニケーションを活性化させる努力をする
  • メンバーは最低3日に1度程度は発言する。初回挨拶だけでその後読むだけとなってしまった人は抜けていただく。その場合、追加メンバー募集も可能
  • あまりにも参加チームが多くなると大変なので、1度に入れるチームは2つまで

ぼく自身、この制度を最大限に活用しています。

「1ヶ月で2キロ落とすチーム」と「1ヶ月でオンラインコンテンツビジネスの仕組みを作り上げるチーム」を主宰し、毎日みなさんとやり取りをしてサボらずに目標達成に向けて動けています。

ひとりではダイエットもオンラインコンテンツ作成も進まなかったので、本当に効果的だなーと思っています。

他にも、「1ヶ月集中で朝活をしてPDCAグセをつけるチーム」や「1ヶ月でブログを15記事書くチーム」「1ヶ月毎日読書を継続するチーム」等々があり、非常に活発に盛り上がっています。

今後は、「1ヶ月で経営戦略を学びきるチーム」「1ヶ月でAIについて詳しくなるチーム」「1ヶ月でメルマガをマスターするチーム」等を作ってみたいなー。

チームを作り、自身のスキルアップを望んでいる方は、ぜひPlayersに入ってみてくださいね。

【無料/期間限定特典あり】Shinの公式メールマガジン

【無料/期間限定特典あり】Shinの公式メールマガジン