オンラインサロン運営者が「サロンに関する3つの疑問」について答えてみた

スポンサーリンク

こんにちは、Shin(@Speedque01)です。ツイッターを眺めていると、「オンラインサロン」に関する議論がときたま行われていることに気づきます。

ぼく自身、「仕事」をテーマにしたオンラインサロン「Players」の運営者であるため、そこで行われている議論はとても参考になります。「なるほど、そう見られてしまうのか」「確かにそこは気になるけど、あまり説明できていなかった気がする」などなど、非常にありがたい機会です。

ただ、非常に良質な問いかけが多数行われている一方で、運営者自身がそれに真摯に答えているかというと、そんなこともない気がします。都合が良い質問(=答えることで自分の評判を上げる、もしくはサロンに誘導できる)の場合は丁寧に答えるけれど、都合の悪いことはスルー、ということが多いですよね。

オンラインサロンに限らずすべてのことにいえますが、その価値は一概には決められません。運営者のスキルやポリシーはもちろん、やはり参加者側の使い方によっても価値は変動してしまうものです。

とはいえ、できる限りの情報や現在の状況を参加を考えている方にお伝えするのは、オンラインサロン運営者の義務であるとも言えると思っています。ですので、この場を借りて「よくある疑問」にお答えできればなと考えています。

Q.全員を満足させることができているの?

正直、「参加者全員100%満足!」という状況にはなっていないと思っています。

参加いただいている方々の中には、明確な目的意識を持ってガンガンPlayersを活用してくださっている方がいる一方で、「何かが変わるかもしれない」とふわっとした期待を持って入ったはいいものの、アクティブな方の迫力に気後れしてなかなか活用しきれていない、という方もいらっしゃると思います。

活用し切れていない人でも、「月額980円だし、いろいろと資料や動画講座も見れるしまあいいか」と思ってくださっている方はいらっしゃると思いますが、それは「満足」と果たしていえるかどうか。

「積極的に活用していないほうが悪い!」とはぼくは考えていません。お金を頂いて運営している以上、自分ができる範囲でご要望にお答えするのがサービス提供者の使命だとぼくは考えています。

現在は「オンライン作業会」や「Players活用チーム」などの仕組みを作り、「活用したいけど活用できていない」という方のサポートをできるようにしています。

★参考記事

Q.退会した人っているの?

Playersを退会されている方は、もちろんゼロではありません。退会される方には、簡単に退会理由を任意でお伺いしています。主な退会理由については、下記が挙げられます。

退会理由1:時間がなく、活用しきれない

こちらが一番多い退会理由です。

Playersは仕事の悩みを解決することを目的としているコミュニティですので、「仕事に追いまくられて時間がない」という方にはぴったりのはずです。仕事時間短縮のための考え方をまとめた動画や、各種エクセルツールや相談場所も用意しています。

それでもこちらの感想が一番多いというのは、私がPlayersのメリットを明確にお伝えできていないからだと猛省しています。Playersはみなさんの時間を減らすものではなく、適宜仕事のコツや副業について学んでいただき、時間的にも金銭的にも豊かになっていただくことが目的です。

「時間がないから退会する」ではなく「Playersに入ったことで時間ができ、仕事もうまくいくようになった!」と思っていただけるような仕組みを構築していきます。「時間効率を上げたい人のチーム」とかがいいかな。

退会理由2:サロン限定情報があまりない

数名の方からこちらのフィードバックをいただきました。「もっとぼくが書いた限定情報が欲しかったが、そこがあまりないように感じた」というものです。大変申し訳なく思いました。

なぜこのように思わせてしまったかというと、そこにはいくつかの理由があります。

  1. Facebookのユーザインターフェース:新しい情報を発信したとしてもどんどんスレッドが流れていってしまい、良く見ている人ではないと情報が拾えないというデメリットがあります。
  2. まとまった文章発信がPlayersのメインコンテンツではない:Players限定オンライン講座やオフライン講座、各専門家を招いて対談配信等はしますが、まとまった文章をPlayersだけに公開することはあまりないのは確かです。また、Playersは各個人に焦点を当てて問題を抽出し、解決を試みるため、発信がない人に向けたブロードな文章はあまりないというのも事実だと思います。

1を解決するために、週次で注目すべきスレッドやおすすめの情報、今後の予定などを記載する行動を実施しています。

2については、正直現在は変えようとは思っていません。限定の講座や音声配信、個別課題での文章でのアドバイスはどんどんやりますが、不特定多数に対する文章はブログや本、Twitterでやるという方針は今のままです。

退会理由3:Facebookに慣れておらず、使えない

Facebookは非常に良いSNSですが、それでもある程度の慣れが必要なのは確かです。自前でSNSを作るという案もあったのですが、その自前のSNSが果たしてFacebookより優れているかというと、そんなことはおそらくないでしょう。

Facebookにはさまざまな使い方マニュアルがありますので、そちらの御紹介は可能です。そこを一読いただき、慣れていただくのが一番良いかと考えております。

Q.サロンってぼったくりなんでしょ?

ぼくは幸いなことに直接的にこのような問いかけを頂いたことはないですが、Twitterを眺めていると「サロンなんかぼったくりだ!」という声を見かけます。

《「ぼっ」は「ぼる」(暴利)から》法外な料金を取ること。力ずくで奪い取ること。ぶったくり。

ぼったくりの意味 – goo国語辞書

サロンに限らず、サービスや商品の価値は受け手が判断するものであり、提供者側としては「なるべくいいサービスを適正と思われる値段で提供させていただくこと」しかできません。

Playersは月額980円で過去のすべての有料で提供している情報や、スレッド上での個人相談、チーム制度での相互スキル向上、限定講座配信など月額以上の価値を提供させていただいていると考えていますが、中には「価格に見合わなかった」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

定期的に問題点の棚卸しをし、満足いただけていない方には満足いただけるように、満足いただけている方にはさらにその満足度を高めていただけるように、サービスを改善し続けていくことしかないのかなと考えています。

ひとつずつ前に進んでいきたい

サロン運営者の観点ですが、サロンに関するよくある3つの疑問について答えてみました。現在435名の方々に参加していただいていますので、みなさんいろいろなご要望をお持ちです。それらにできる限りおこたえできるように、日々改善を重ねてひとつずつ前に進んでいきたいものですね。

正直、ひとりで自分のサービスを客観的に見て改善するのはなかなか大変です。ですので、ぼくは運営しているオンラインコミュニティ「Players」にて、「オンラインサロン運営について考えるチーム」というFacebookメッセンジャーグループを作り、オンラインサロンを運営している人や運営したいと思っている人と日々ディスカッションしています。

Playersのその他の特典について、下記にまとめます。

  • 月額980円ですべてのサービスが使い放題
  • 総計1万4,000円以上のnoteや音声がすべてダウンロード可能
  • 自己紹介スレッド上での悩み相談(Shinや他Playerが回答)
  • Shinによる定期的なツイキャスおよびズームでのオンライン講座
  • Facebookスレッドを活用した、日々の生活を改善するためのスレッド(任意参加):毎日の予定スレッド、業務改善報告スレッド、ゼロ秒思考報告スレッド、ブログで自己発信力を強化するスレッド、就職活動の悩み相談スレッド等
  • Facebookメッセンジャーを活用した少数グループでの密なコミュニケーション(任意参加):エクセルチーム、ブログ3ヶ月で30記事チーム、セルフコーチングチーム、個人サービス売上向上チーム、女子会チーム、筋トレ&ボディメイクチーム、暗号通貨勉強チーム、傾聴力向上チーム、デザインにマジになるチーム、マインドフルネス実践チーム etc
  • 不定期に開催されるオフラインイベント(別途参加料金がかかる場合があります):オフライン仕事術セミナー、セミナー講師チャレンジ会、Players夏の陣(全体飲み会)、Players関西飲み会、Players速読セミナー、Players資産運用セミナー、ランチ会 etc

現在参加者数は444名ですが、いったん500名で募集をストップする予定です。その後の参加者募集については未定となっております。もし「やりたいこと探しから卒業して、どんどん活躍していきたい!」という方がいらっしゃったら、ぜひ参加してみてくださいね。