400名超のオンラインサロン運営で実施している5つのこと

スポンサーリンク

こんにちは、Shin(@Speedque01)です。ぼくは2017年の2月に、「仕事」をテーマにしたオンラインサロン「Players」を発足させました。

オンラインサロンには多くの種類があります。有名人が開いているものから、比較的無名な方が開かれているものもあります。

ぼくの場合は、特に無名なほうだと思います。現在こそダイヤモンド社様から著書「7つの仕事術」を出版させていただいておりますが、当時はこのブログを細々と運営しているだけでした。ですので、どれだけの方に入っていただけるかまったく自信がなかったですし、入っていただいたあとにご満足いただけるかどうかも不安でした。

ですが、「仕事」がテーマの記事が多かったこともあり、自分が思っていたよりも多くの方々に参加いただき、2017年9月時点で参加メンバーが430名を超えるという状況になっています。とてもありがたいことです。

現在は「オンラインサロン」というサービス形態は珍しいものではありません。多くの方が、とても魅力的なサロンを続々と開設されています。その一方で、「オンラインサロンなんてものには意味がない」という声もたびたび耳に入ってきます。

オンラインサロンが果たして意味があるのかどうか、それは一概には言えません。サービス次第でもあり、受け手次第でもあります。ですが、「400名を超える人々に加入いただいているオンラインコミュニティを運営する」という経験からは、ぼくは多くのことを学ばせていただきました。

オンラインサロン運営者の方や、オンラインサロンに参加されている方、もしくは入るつもりもやるつもりもないけど興味がある方のためになる可能性もあるかと考え、その経験を共有させていただければと思います。

その1:まずは「自己紹介だけ」してもらう

「オンラインサロンに入る」というのは、想像以上に心的負担が高いものです。Playersは400名以上いるため、いきなり活発にいろんな人に絡んでいくなんてことはかなり難しいといわざるを得ません。

転校経験がある方はわかると思いますが、「周りがみんな友達という状況に、自分から飛び込んでいく」というのはとても怖いものです。それがオンラインであろうが、状況は変わりません。

ですので、ぼくは入っていただいた後にまず「怖いのはよくわかります。ただ、勇気を出して自己紹介だけしてみてくださいね。」とFacebookメッセンジャーでメッセージを送らせていただいています。

自己紹介さえしていただければ、その方がどのような想いでPlayers加入を決めてくださったのか、どういう風に活用したいのか、どんな方と共通点があるのか、ぼくのほうで把握することができます。そうしたら、その方の要望に沿いつつ新たなサービスを考えたり、既存のサービス活用をおすすめしたり、参加者同士を繋げることができるのです。

加入を決めていただいて「よし、やるぞ!」となっているうちに自己紹介をしていただくこと。これがぼくが実施している第一のことです。

その2:「クローズドな環境」を作り出す

Playersの参加者が20-30人程度のときはやり取りが非常に活発だったのですが、100名を越えたあたりから若干雰囲気が変わったのを感じました。やはり、「大勢がいる」という場でいろいろとやり取りをするのは、かなりハードルが高いことだったようです。

Facebookは非常に良く出来ているユーザインターフェースですが、「全員にやり取りを見られてしまう」という課題をクリアすることはだいぶ難しかったです。

ですので、試験的にFacebookメッセンジャーを用いて同じような目的、興味を持っている人だけのグループ(チーム、と名づけました)をオンラインコミュニティ内で作成しました。

例:コンサルティング思考で仕事について語り合うチーム、エクセルチーム、傾聴力向上チーム、ブログを習慣化するチーム、副業で1,000円稼いでみるチーム、アウトプット習慣をつけるチーム、プログラミング入門チーム、個人サービス売上向上チーム等多数

一時期はすべてのチームに入っていたのですが、そうすると仕事終わりになるとありえない量の未読メッセージがたまっており、休日もずっとそれにかかりきりになってしまうということがありました。

現在は、ぼくはすべてではなく一部のチームに加入し、楽しいやり取りを拝見したり、適宜アドバイスをさせていただいたりしています。

その3:Zoomを活用して再利用可能な配信をする

Playersでは、ぼくが過去に作成した資料や動画、音声などはすべてダウンロードし放題にしています。それに加え、定期的にオンライン/オフラインでの講座を実施しています。

上記はどのようなサロン運営者の方も実施していると思いますが、大事なのは「再利用できるようにしておくこと」です。オンラインサロン参加者の方にはそれぞれの仕事や生活がありますので、もちろんいつもFacebookを見れるような状況ではありません。そのときに「見逃しちゃった。残念」と思われるようなサービスは、ちょっとどうなのかな・・・と個人的には思います。

ぼくは現在、すべての配信をZoomを使用して実施しています。Zoomはオンライン会議ツールで、今まで使用したどのツールよりも回線が安定しています。さらに無料プランでも録音&録画機能がついているという、非常におすすめ度が高いものになっています。

ぼくは、Proアカウントにアップデートして時間制限無しで配信ができるようにし、かつWebinar機能をアドオンでつけて、FacebookライブもZoomからできるようにしています。少々お金はかかりますが、それに見合うだけのメリットがありますね。

その4:「今は活用できてないけどなんとか活用したいと思っている人」へのサポートを手厚くする

オンラインサロンメンバーの中には、大きく分けて「積極的に発信している人」と「あまり発信していない人」の2種類の方々がいます。「積極的に発信している人」については、ぼくもよくコミュニケーションが取れますし、その方々の状況や悩みもかなり深く把握できており、あまり問題はないのかなと考えています。

後者の「あまり発信していない人」も、実は二種類にわけることができるとぼくは考えています。

  1. もともと発信する気はなく、ぼくや他のメンバーの発信を読んで満足している人
  2. 本当は積極的に活用したいけれど、うまく活用できていない方

2のタイプの人について、ぼくはいつも「申し訳ないな」と感じていました。せっかく価値を感じてPlayersに入っていただいたのに、ぼくが環境をしっかりと整備できていないせいでもどかしい想いを抱かせてしまっている・・・とても申し訳ない気分になっていました。

これを解決するために、ぼくは「オンライン作業会」と「Players活用チーム」という二つの仕組みを考えました。

オンライン作業会

特にぼくからなにか講義をするわけではなく、「みんなで一緒に喫茶店に来たみたいなノリで、各自作業をしよう」という会です。ぼくは仕事の残りを片付けたり、ブログを書いたり、Playersでみなさんのコメントを返したりしています。そのお知らせを全員が見られるスレッドに流し、初めての人でも気軽に遊びにこれるような状況を作っています。

【募集例】

  • 時間帯:今から23時59分まで(途中入退場自由/音声のみで顔や部屋は映りません!)
  • 作業内容(ブログ更新、各自自由、など):ぼくは仕事の残り&Players&ブログ更新しますが、他の人は自由です!また、ぼくに相談があったりお話したい人もぜひぜひ。ビデオはオフにしているため顔は映らないので、ご安心を!
  • 一言メッセージ:1日1日の積み重ねがすべてを変えます。ぜひ一緒に前に進んでいきましょうー!
  • オンライン作業用URL:xxxxx (Zoomの会議室リンク)

Players活用チーム

上記の2のタイプ(本当は積極的に活用したいけれど、うまく活用できていない方)を対象に、「Players活用チーム」を立ち上げています。こちらでは定期的にぼくがオンラインでグループ相談をして、「今悩んでいること」「達成したいこと」「Playersでやってみたいこと」をお伺いし、各自に応じた活用方法を提案させていただいています。ここでのディスカッションから、新しい仕組みやチームが生まれることもよくあります。

こうすることで、2のタイプの人の活用方針を明確化することができ、より満足してPlayersを活用いただくことができるようになりました。

その5:週次のまとめ投稿をする

運営者ではなく参加者という視点を意識すると、Facebookを活用したオンラインサロンは情報の流れが非常に速く、今何がどうなっているのかわからない状況に陥りがちです。

ぼくもよく「そんなイベントあったんですか!?行きたかった・・・」「そんなチームあったんですね。入りたいです!」のような声を頂くことがよくありました。ぼく自身は運営者ですので、今何が起こっているのかは把握していますが、それを参加者の方に求めるのは酷というものです。

ですので、ぼくは下記のような「まとめ投稿」を週次で実施することにしています。

━━━━━━━━━━
2017年8月28日週のPlayersまとめ!
━━━━━━━━━━
こんばんは、Shinです。
Playersもとても活性化していてうれしい一方、どこに何があるのかわからないという声をよく伺っております。手が回っておらず本当に申し訳ないです。
少しでも改善するため、毎週ぼくのほうで活動内容をサマリしようと思います!
<チームについて>

  • Players大活用チーム:Playersを活用したい!という方のチーム。ぼくが定期的にグループコンサルティングを実施しています。「もっとPlayersを活用したい!」という方はぜひ。明日の朝もグループコンサルします!
  • エクセルチーム: Aさん率いる精鋭チーム。相変わらず活動が活発で、先日は動画でミーティングの内容を大公開されていました!ほんとみんな超成長していて、ぼくも負けてしまう可能性が高いです・・・!現在は追加募集されていないようですが、興味がある方は継続的に活動をウォッチしてみてくださいね。
  • コンサルティング思考で仕事について語り合うチーム:相変わらず活発にさまざまな視点から仕事について語り合っています。みなさんの豊富な経験により、ぼくもとーっても助けられています。コンサルや仕事について興味がある方はぜひ!現在もメンバー募集中です。
    (以下、個人サービス売上向上チーム、プログラミング入門チーム、傾聴力向上チーム、ブログを習慣化するチームなどについての説明)

<Playersオフラインイベント>

  • 9月23日(土)9時-12時:Players特別読書会(課題図書:7つの仕事術)
  • 10月1日(日):Players20代限定セミナー
  • 11月18日(土)13時-17時:Players特別講座
  • 11月18日(土)17時半-19時半:Players全体飲み会

—————————————————

こうすることで、必要な情報を探す手間が省け、活動が可視化されます。「わかりやすくなった!」という声もいただくことができました。

勉強と反省の日々。

オンラインサロン運営は、正直かなりハードです。いろんなことを考えないといけないですし、みなさんそれぞれ思っていることもやりたいことも違います。そのなかで、ぼくのキャパシティが及ぶかぎりみなさんのお役に立ち、「仕事の悩みを解決する」という目的に向かって運営をしています。

ときたま視野狭窄に陥ったり、一部の人をおいてけぼりにしてしまいかけたこともあり、自分の未熟さを反省する毎日です。その一方で、素晴らしい方々とコミュニケーションを定期的に取ることができ、学ぶことも非常に多い活動になっています。

これからもいろいろと失敗はしてしまうかもしれませんが、その分改善も繰り返してよりよいコミュニティにしていくことができればな、と考えています。

★次はこの記事をどうぞ

★初の著書「7つの仕事術」、好評発売中!