奥さんがぼくのブログをこっそり書籍化していた話

スポンサーリンク

こんにちは、Shin(@Speedque01)です。先月、嬉しいことにこのブログが開設1周年を迎えました。

みなさまにたくさん祝っていただいてとても嬉しかったです。また次の1年もがんばろう、そう思いました。

特にその後気負うこともなく、「ありがたいなー、がんばらないとなー」と思いながら、仕事をしつつ淡々と記事を更新していました。

そうして、ブログ開設1周年を向かえた1月26日から4日ほどたったある日のこと。とても嬉しいサプライズがありました。

奥さんが1周年記念ケーキを用意してくれていた!

その日は少々仕事が遅くなってしまい、少々疲れた顔で「ただいまー」と帰宅しました。いつものように奥さんが待ってくれていて、ご飯を用意してくれていました。

おいしく食べた後、台所でごそごそやっているので「どうしたの?」と聞いたのですが、「いいからいいから」と答えてくれません。

少し待っていると、「Shinくん、ブログ開設1周年おめでとう!」とサーティワンのアイスケーキを持った奥さんが現れました。

f:id:Speedque01:20170202232833p:plain
「1」のろうそくがかわいい

ブログのせいで少し一緒に遊んだり外出する時間を削ってしまっていて、「怒っているかな、怒ってるよな・・・」と普段から思っていたぼく。こんな素敵なプレゼントをもらえるとは思っていませんでした。とてもとても嬉しかった。

しかし、このプレゼントはあくまでも前フリに過ぎなかったのです。

世界で一冊の手作りの本をプレゼントしてくれた・・・! 

二人でアイスケーキを食べているときに、とことこっと寝室に消えていった奥さん。どうしたのかな・・・と思っていると、なにやら本を手に抱えていました。

「こんなのを作ってみたよ。どうかな?」

f:id:Speedque01:20170202232850p:plain
すごすぎるでしょ

一瞬、何がなんだかわかりませんでした。「ん?なんかのビジネス書かな?」と、そう思いました。

しかし、手にとって見てみると、ぼくの名前が著者のところにあります。

そう、これは奥さんがこのブログ「Outward Matrix」を編集して作ってくれた、世界でたった一冊の本だったのです。

f:id:Speedque01:20170202232908p:plain目次がブクマで笑った

f:id:Speedque01:20170202234916p:plain
中身も綺麗!!

ただコピペしただけではなく、ちゃんとストーリーを作り、文字のスタイル調整などをし、丁寧に丁寧に作ってくれました。しっかり1冊の本として成立しているのです。

これをみたとき、ぼくは「すごい・・・すごい・・・」とつぶやくことしかできませんでした。

自分が1年間書いてきたブログ。それが、こんな形でまとめてもらえるなんて、想像もしていなかったのです。こんな嬉しいプレゼントは、生まれて初めてでした。

こんなプレゼントができる人になりたい

ぼくがブログを楽しく更新してくれることをわかってくれていて、寂しい思いもしているだろうに一生懸命本を作ってくれた奥さん。こんなに人の気持ちを理解し、行動に移せる人はほとんどいないんじゃないかな、と強く思いました。ぼくにはもったいないぐらいの人です。

ぼくも、もっともっとほかの人の気持ちを理解し、喜んでもらえるようにがんばらないとな。

いつもありがとう。