「長時間労働撲滅運動」には賛成できない。

スポンサーリンク

こんにちは、Shin(@Speedque01)です。電通事件を受けて、やはりというべきか「長時間労働の撲滅」を目指す署名活動が開始されました。

こちらです。

www.change.org

これがFacebookやTwitterに流れてきたとき、「何か違うのではないか」と感じました。

間違っているわけではない

こちらの運動では、大幅に間違っていることをいっているわけではありません。

人間はぶっ続けでは働けない

東京大学の島津明人准教授の研究によると、人間の脳は朝起きてから13時間しか集中力が持ちません。それを過ぎたら酒酔い運転と同じレベルまで集中力が落ちてしまうのです。そこに残業代を払う企業の側も長時間労働によって損をしていると言えます。  

実感としてそうでしょうね。ぶっつづけで深夜まで仕事をするというのは、確かに効率が悪いです。

「月間120時間まで時間外労働が可能」としていた居酒屋チェーン店があった

かつて過労死がおきた居酒屋チェーン店では、この協定を月間120時間まで時間外労働が可能という内容で結んでいました。

厚生労働省の基準では月間80時間を超える時間外労働が過労死に関わるとされているにも関わらず、労使協定を何時間で結んでも、何の罰則も受けないのが、現在の日本の法律の現状です。

どこかすぐわかりますが、こういう居酒屋チェーンはぼくは利用しません。人を奴隷のように扱うような企業に金を落とす気はありません。 

こうやって抜粋してみると、「ちゃんとしたことを言っているいい署名活動」のように思えます。でも、ぼくはそれでもこの活動からはぬぐいきれない「違和感」を感じます。

「長時間労働」に全ての原因を求める浅薄さ

ぼくがこの活動で一番引っかかったのがこちらです。

日本の生産性を高めるためにも、少子化にストップをかけるためにも、そして仕事を通じて不幸になる人を減らすためにも、長時間労働の是正は、待ったなしです。

違和感を感じませんでしょうか。

  • 長時間労働がすべての根源なのか
  • みんなが定時帰りするようになったら日本の生産性は高まるのか
  • 少子化にストップがかかるのか
  • 仕事を通じて不幸になる人が減るのか

電通の方の自殺のときにも書きましたが、原因を労働時間のみに求めることは極めて危険だと考えています。

ブラック企業がのさばらないように法律改正をするという動き自体はとても素晴らしいことだと思いますし、人権を踏みにじるようなパワハラセクハラについても、しっかりした法規制をすべきだと考えています。

そういう意味では、この活動の内容に賛同できる部分ももちろんあります。

しかし、電通の事件や他にも数多ある労働者関連の問題の本質に目を向けず、「長時間労働撲滅」というわかりやすいフレーズで大衆をあおるやり方には違和感を感じるのです。

大事なのは、個人が自由に働き方を選択できること

ぼくは過去にハードに働き続けたことがありました。そのころの労働時間は、おそらく平均よりは長かったです。しかし、だからといって「不幸だった」わけではありません。

人の価値観はそれぞれです。定時帰りが基本ではありますが、「長く働くのは悪だ!」という空気を作り出してしまうのはどうなのかな・・・とも思います。

人によって、タイミングによって働き方は変わります。どのような働き方をしたいのか、各個人が自由に働き方を選択できるような状況になるといいですね。

★次はこの記事をどうぞ