唯一の成功要素「グリット」を鍛えるための方法を本気で考えてみる

スポンサーリンク

こんにちは、Shin(@Speedque01)です。今日はあるTED Talkをご紹介したいと思います。

それがこちら。「Grit: The power of passion and perseverance」です。日本語だと、「グリット:情熱と忍耐の力」という感じでしょうか。

www.ted.com

では、紹介していきましょう。

グリットとは?

Gritを辞書で引くと、こういう定義が見つかります。

1[集合的に] (機械などに入って害になる)小さな砂; (道路などにまく)あら砂.
a bit of grit 砂粒.
2《口語》 (困難にあってもくじけない)勇気,気概,闘志.
He has a lot of grit. 彼はとても勇気がある.

(Weblioより引用)

これの2つ目の意味ですね。何があってもあきらめず、徹底的に戦い続ける資質がグリットです。このグリットについて研究してきた人の話が、このTED Talkになります。

私たち研究チームは、ウエストポイント陸軍士官学校に行き、どの士官候補生が陸軍訓練に残り、誰が中退するか予想しようとしました。全国スペリング・コンテストでは、どの子どもが競争でより勝ち残るか予想しようとしました。教育困難な地区で働く新米教師を調べて、どの教師が学年が終わるまで教えるのを続けていて、そのうち誰が生徒の学習成果をあげるのに最も成功するか考えました。民間企業とも提携して調べました。どの販売員が仕事を続け、そして誰が一番お金を稼ぐか。

こうした様々な状況において、ある一つの特徴が大きく成功を左右していました。それは社会的知性ではありません。ルックスでも 身体的健康でもIQでもありませんでした。やり抜く力(グリット)です。

この世の中にはいろいろな仕事がありますが、いったいどの要素がそれらの成功を導くのか調査した結果、「グリット」こそがそれであるという結論になったとのこと。

すごい人は、みんなグリットを持っている

これ、ぼくの実体験としてもそうなのです。

メチャクチャお世話になっている会社の上司、起業してガンガン稼ぎまくっている大学時代の同期、ブログで稼ぎまくっている方々、などなど見てみると火を見るより明らかです。

どんなことからも貪欲に知識を吸収し、普通ならあきらめてしまうような状況も必死に打開策を見つけて最終的に乗り越え、他の人とは段違いの成果を出し続ける。いわゆる「うまくいっている人」というのは、絶対にあきらめない力 = グリットを持っているという調査結果は、個人的にも非常に納得できるところです。

どうすればグリットを鍛えられる?

そうなると、「どうすればグリットを鍛えられるんだ!」というところが知りたくなってきますね。TED Talkから引用してみましょう。

私にとってやり抜く力(グリット)について最もショックだったのはやり抜く力を育てることについて、私たちも科学もほとんど知らないことです。

毎日親御さんや先生に聞かれます。「子どものやり抜く力をどう育てるか?学習意欲をどう教えるか?どうやって長い間モチベーションを保たせさせるか?」正直なところ分かりません(笑)。

分かっているのは才能とやり抜く力は違うことです。私たちのデータがはっきり示す通り、才能があっても純粋に最後まで決めた事をやり抜けない人たちがたくさんいます。事実、データによればやり抜く力は才能の高さとは通常関係ない、むしろ反比例さえするのです。

これまで聞いた中で、子どものやり抜く力を育てるのに一番よいのは「成長思考」と呼ばれるものです。スタンフォード大学のキャロル・ドウェックが見出したもので、「成長思考とは学習する能力は固定しておらず努力によって変えられると信じること」です。

「成長思考がよさそうだ」ということはなんとなくわかっているが、グリットを鍛えるための明確な結論は出ていないとのこと。これだといつもと同じように、「うまく行っているヤツは育ちが良いんだ」「弱者は弱者のままなんだ、もっと社会上のセーフティネットを充実させろ」みたいな何の意味もない議論になってしまいます。それはイヤだ。

グリットを鍛えるコツを考えてみる

最近勘違いされている気がするのですが、ぼくは初期パラメータはだいぶ低いタイプです。身体も気も弱く、意志薄弱で頭の回転もよろしくない。勉強でもスポーツでも下から数えたほうが早く、もちろん女の子にモテたりもしない。強いか弱いかでいえば、完全に「弱い側」です。ほんの一時期ですが、ベッドから脱出することができなかったこともありました。

ですが、今はそれなりに幸せな生活を送ることができていて、それはやはりグリットをじわじわと鍛え続けることができたおかげなのかなと感じています。特に何らかの科学的根拠に基づいているわけではないですが、その経験からグリットを鍛えるためのコツをいくつか羅列してみようかと思います。

ハンパなく悔しい想いをする、そしてそれを絶対に忘れない

いきなりネガティブであれですが、「恨み」の力はとても強力です。

  • お前がそんな高校にいけるはずがない
  • お前がそんな大学にいけるはずがない
  • お前が就職活動でうまくいくはずがない
  • お前が昇進できるはずがない
  • お前がクライアントの前でしゃべるなんか100年早い
  • お前が彼女なんか作れるはずがない

そういう声をぼくは受け続けてきました。残念ながら、その時点ではそういう嘲笑を受けてもしょうがないスペックしかなかったため、「そうですよねー」といいながらニヤニヤしているしかありませんでした。

しかし、腹の底で思うことはいつも同じ、「絶対見返してやるからちょっとだけ待ってろよ」です。

★参考記事

サボりたくなったとき、諦めたくなったとき、ぼくはいつも嘲笑の声を思い浮かべ続けました。「ここで諦めたらあいつらを見返せない」、そう思うとサボりたくなる気持ちはいつの間にか消えていきました。

一部の人を見返すことはできましたが、まだまだです。もっともっといろんなことを手に入れて、もっと多くの人を見返してやりたい、素直にそう思います。

夢中になり続ける工夫をする

先ほどのブラックTipsとともに、もう少しホワイトなやり方も有用です。やっていることについてリソースを集中投入し、少々の好き嫌いなど吹き飛ばす勢いで没入することです。

★参考記事

ただ、大体の人はこの最も基本的なことが出来ていません。うまくいってる人が「これがいいよ」と言ったらそっちに飛びつき、「あっちがいいよ」と言ったら別の方法に飛びつく、そんなことの繰り返しです。

もちろん気持ちは分かります。ぼくだって、もしできるのであれば労力がいらずすぐにうまくいく方法でやっていきたい。でも、断言しますがそんな都合のいい方法は無いのです。まずは徹底的にリソースを注ぎ込むこと。その先にのみ、勝機があります。どの分野でも徹底的に続けた人が最後に笑うのです。

★参考記事

特に大した経験もスキルもないぼくたちは、まずは「どうしようもなくつまらない仕事」から始めないといけません。誰でもできる、単純な労働です。でも、みんなスタートはそこからなのです。そこを受け入れた上で、ぼくたちは「仕事を好きになる力」を徹底的につけなければいけません。

コンサルティングファームに入っても、最初から面白い仕事ができるわけではありません。既存のデータをエクセルにまとめなおしたり、議事録を取ったり、先輩が作ったパワーポイントの地道な修正をしたり、そんなところから始まります。そういう仕事をどう捉えるかで、その後の成長速度が決まります。

ダメな例としては、「おれはこんなことするためにコンサルタントになったわけじゃない」「もっと楽しい仕事をしたいのに、上司は何もわかってないな」という態度をとることです。そのような心持ちでした仕事は、品質にも明確に反映されます。言われたことをただやっただけのやらされ仕事になってしまい、ミスも多発する。深く考えることもされていない。その結果として、上司はどう思うか。「こいつはこの程度の仕事もできないんだな。もっと単純な仕事を振るしかないか」です。結果、ますますつまらない仕事を振られるようになり、どんどん腐っていく悪循環に陥ります。

徹底的に仕事を好きになる姿勢を取るとどうなるでしょうか。「この会議ってどういう意味があるんだろう?」「この資料の背景を考えると、こういうメッセージの資料を新規で付け加えたほうがいいんじゃないか」などなど、一見つまらない仕事でも、いくらでも付加価値をつけられることに気がつきます。そうした結果、いわれたこと以上のパフォーマンスを出せるようになり、上司は「こいつにならもっといろいろ任せられるな」と考え、”本当に面白い仕事”を得ることができます。そうすると、「経験」「スキル」というものがどんどん自分の中に蓄積され、いつの間にか「好きな仕事をする権利」を得ることができるわけです。

GRITに関する本が発売されたのでレビューしてみる

この動画のスピーカーであるアンジェラ・ダックワース氏による著書、「やり抜く力」が発売されました!

これも非常によかったです。この中から、「やり抜く力」を強くする4ステップを紹介していきますね。
※太字は本ブログの筆者によるものです。

グリットを鍛えるステップその1:興味

自分のやっていることを心から楽しんでこそ「情熱」が生まれる。

私がインタビューをした人びとはいずれも、自分の仕事のなかで、あまり楽しいとは思えない部分をはっきりと認識しており、多くの人はちっとも楽しいと思えないことも、少なからず我慢していた。

とはいえ全体的には、目標に向かって努力することに喜びや意義を感じていた。だからこそ彼らは、尽きせぬ興味と子どものような好奇心をもって「この仕事が大好きだ」と言う。

いやいややっていたら、なかなか頭にも入ってこないし力もつかないというのは、どの人も納得できるのではないでしょうか。ぼくもすべての仕事を心から楽しんでいるわけではないですが、できる限り楽しもうとしています。

なぜならば、そのほうが最終的に大きな成果を得ることができるからです。「好きじゃない、やりたくない」といいながら仕事をし続けることは、そもそも非合理的なんですよね。

★参考記事

グリットを鍛えるステップその2:練習

「粘り強さ」のひとつの表れは、「きのうよりも上手になるように」と、日々の努力を怠らないことだ。

だからこそ、ひとつの分野に深く興味を持ったら、わき目もふらずに打ち込んで、自分のスキルを上回る目標を設定してはそれをクリアする「練習」に励む必要がある。自分の弱点をはっきりと認識し、それを克服するための努力を日々繰り返し、何年も続けなければならない。

また、「やり抜く力」が強いということは、慢心しないことでもある。分野を問わず、どれほど道を究めていても、「やり抜く力」の鉄人たちは、まるで決まり文句のように「なにが何でも、もっとうまくなりたい!」と口にする。

これも非常に納得感のある話です。

ある分野に卓越している人は、ほかの分野でも成功する確率が高いというのはよく言われていること。その理由のひとつは、「常に練習する」という癖をつけているためではないでしょうか。

いくら才能があり、そのことが好きであったとしても、日々改善を試み、自分自身を鍛える習慣がない人は、近い将来伸び悩みます。毎年、毎月、毎日目標を決め、自分のパフォーマンスを測定し、改善するための行動をする。それがグリットを持つ人の特徴なのでしょう。

★参考記事

グリットを鍛えるステップその3:目的

自分の仕事は重要だと確信してこそ、「情熱」が実を結ぶ。目的意識を感じないものに、興味を一生持ち続けるのは難しい。

だからこそ、自分の仕事は個人的に面白いだけでなく、ほかの人びとのためにも役立つと思えることが絶対に必要だ。 なかには早くから目的意識に目覚める人もいるが、多くの場合は、ひとつのことに興味を持ち続け、何年も鍛錬を重ねたのちに、「人の役に立ちたい」いう意識が強くなるようだ。

「やり抜く力」の鉄人のなかでも、成熟をきわめた人たちは、みな口を揃えて同じことを言った。「私の仕事は重要です。個人的にも、世の中にとっても」

「何のためにそれをするのか」という問いは非常に深遠なものです。若いうちにまっすぐそれに答えられる人は多くないのではないでしょうか。

ぼくもずっと、「このために生きている!」というものがほしくてもがいた時期がありました。でもそれって、見つけようと思って見つかるものでもないんですよね。

だから、この本に書かれているように、まずはひとつのことに興味を持ち続け、鍛錬を続けに続けることが大事なのではないでしょうか。そうしてくると、だんだんと自分の仕事の意義や、今後成し遂げたいことが明確化されてくるものですから。

まずは目の前のことに打ち込んでみましょう。

グリットを鍛えるステップその4:希望

希望は困難に立ち向かうための「粘り強さ」だ。

本書では、興味、練習、目的のあとに希望を採り上げるが、希望は「やり抜く力」の最終段階だけでなく、あらゆる段階に欠かせない。最初の一歩を踏み出すときからやり遂げるときまで、ときには困難にぶつかり、不安になっても、ひたすら自分の道を歩み続ける姿勢は、はかり知れないほど重要だ。

私たちはときに大小さまざまな挫折を経験して、打ちのめされる。打ちのめされたままでは「やり抜く力」も失われてしまうが、立ち上がれば、「やり抜く力」を発揮することができる。

これが最後に来るのがいいですね。

どんなにひどい失敗をしても、つらい思いをしても、「いつか必ずうまくいく」という希望が持てれば、ぼくたちはまた立ち上がることができます。それに、どんなことでも最初はなかなかうまくいかないもの。

そこでぺキっと折れてしまうことなく、自分の決めた道を真摯に愚直に進んでいく。それこそがグリットを持つ人の姿なのではないでしょうか。

グリットを持っている人:武井壮とイチロー

では、具体的にグリットを持っていると考えられるのはどういう人たちでしょうか。この記事では、二人紹介します。

1.武井壮

一人目は武井壮ですね。彼はまさしくグリットの体現者といえます。

★参考記事

武井壮:皆いろんな夢があると思うけど、今はゼロのものでもいいと思う。例えば映画監督になりたいとか、なんでもいいと思うんだけど、やんないとゼロでしょ。でも今日から勉強始めて、いっこ勉強したら1だから。で、明日また頑張ったら2だから。今チャンピオンの人が1000あるとしたら、3年間やったら追いつくから。人間ってそういう風に成長していくもんだと思うから。

武井壮:だからそこ目指して、毎日自分の時間使ってあげるっていうのを習慣づけて、できればアスリートとしても成功して欲しいし、そうなりたいと思う気持ちで毎日練習して欲しいと思うし。練習以外の時間で自分が使う時間も、練習と同じ熱意で過ごしてもらいたいと思うし。それが大事だと思うのね。

武井壮:何回も泣いたし、ここで。「俺はほかの誰よりも練習してるし、ほかの誰よりも練習以外の時間も一生懸命強くなるために過ごしてんのに、まだ負けるんだ」って思って、毎試合終わった後泣きながら練習してたし。

武井壮:でもそうやって、負けて負けて泣いて泣いて過ごしてたらいつの間にか日本一になってたから。みんなもそういう風にやってたことが報われて、何か手に入ったという時間になってくれたら嬉しいなと思うよね。だから頑張ってくれよ。

武井壮:おれも芸能界で世界一を目指してるから。ハリウッドスターを。(学生たち:笑)

武井壮:皆笑うだろ?俺がハリウッドスターっつったら。俺は本気だから。

武井壮:世界中どこへ行っても、「Oh, Mr.Takei!」って言われるような男になりたいなって今思ってんの。2年前そう思ってたの、日本中どの街歩いても「あ、武井さんだ!」言われて全員に挨拶して歩くような男になりたいって言ってたの。2年たった今、そうなれた、ちょっとね。

武井壮:だから全っ然夢じゃないのよ。笑い話でも全然なくて。ほんとにおれはそう思ってるから。でも本気で目指した人しか、多分叶わないんだよね、なんか。どんな道いっても可能性だらけだから。8時間働いたって16時間余ってんだから。

武井壮:その時間で自分を成長させることは何歳になっても可能だし、41歳になる俺がまだ成長するわけだから。みんなもそれに負けないように頑張ってもらいたいな。俺はなんか本当にこれからもガンガンいってやろうと思うね。負けないからね。

武井壮:みんなにもそういうなんか夢のいっぱい詰まった時間を過ごしていただけたらうれしいなと。で、自分自身をどんどん調べ尽くしていって欲しいなと。俺ってこういう人間だなと。こういう能力が俺にはあるんだと。

武井壮:今持ってない能力を一杯手に入れてもらって、皆さんがそれぞれ目指す頂点に立っていただくことを期待してます。

どんなに相手が強大でも、何回負けても何度泣いても決して諦めず、毎日毎日厳しい練習をし、最終的には結果を掴み取る。荒唐無稽な夢でも堂々とそれを口に出し、周りから笑われようが、「無理だ」と馬鹿にされようがそれを絶対に達成する。

武井壮のそういう姿を見ていると、「確かにグリットを強く持っていれば成功するんだろうな」という印象を強く持ちます。

武井壮はおそらくそこまでマルチな才能を持っているわけではないのではないかな、と思います。しかし、その類まれなるグリットにより、スポーツでも芸能界でも「一流」といわれるレベルにまで上り詰めることができたのでしょう。

2.イチロー

二人目は押しも押されもしない超一流の野球選手、イチローです。

★参考記事

イチローは打席で常にいろんなことを試していました。なかなか自分で満足のいく打ち方ができないものですから、それを求めて、いろんな体の使い方や、呼吸法を試していました。
練習の内容にしてもそうです。いろんなことにトライしてくる。ほかの選手にちょっと変わった練習をさせていると、彼は好奇心が非常に旺盛ですから、『やらせてください』と言って入ってくるんです。ふだんはあまり他人に関心を示さないんですけど、『あ、いいな』と思ったときだけは、自分から来るんです」
(『快進撃! 日本人大リーガー』別冊宝島編集部/宝島社) 

多くの選手が「練習したら、そのうち上達するだろう」と考えている。あくまでも練習任せである。そこに自分の意思はあまり関与しない。

しかし、イチローの場合はちょっと違う。彼は自分が納得した練習しかやらない。「完璧な自分」に仕上げるために、練習の仕方には徹底的にこだわる。

バッティングのトス一つにしても、彼は妥協しない。ボールを出すタイミングがほんの少し狂っても、彼は打とうとしない。オリックス時代には、彼特有のリズムでスッ、スッと同じコースに送ってくれるコーチのトスでしかボールを打とうとしなかったという。感覚的な狂いが生じることを極端に恐れてのことである。

「練習によって自分がどう変わるだろう」という発想は、二流選手特有の練習への期待である。自分で変えていこうという意志が見えてこない。それでは練習は決して身につかない。

イチローの練習には、常に「自分はどうしたいのか」という主張が練習の中に盛り込まれている。

もうすでに40歳を超えているにもかかわらず、第一線で活躍し続けるイチロー。彼は練習においても手を抜くことがありません。

自分の今の弱点はどこか、自分はどうしたいのか、そういうことを常に考え続け、主体的に練習に取り組む。そうすることで、さらに自らの力が向上していく。

そういうことを何年も何十年も続けて結果を出しているイチローは、非常に強いグリットを持っているといえるでしょう。

グリットは生まれつきではない、鍛えられる資質

グリットは、ほかのスキルに比べると若干地味かもしれません。しかしながら、勉強でもスポーツでもプライベートでも、すべてに必要とされるとても普遍的な資質であることもまた確かです。

さまざまな研究が進んでおり、「どうやってグリットをつけるのか」という問いにもかなり明確に答えられるようになってきました。ただ、それらの話を聞いたり本を読むだけでつけられるほど、グリットは甘いものではありません。

日々目標を立て、自分自身を律し、楽しく真摯に取り組み、希望を忘れないこと。そうやって、グリットを鍛えていこうではありませんか。

★次はこの記事をどうぞ