仕事が忙しすぎるあなたには、ぜひ「速さはすべてを解決する」を読んでほしい。

スポンサーリンク

こんにちは、Shin(@Speedque01)です。ぼくは、新入社員当時、あまりの仕事量の多さに苦しんでいました。

朝7時半に会社に行って、会社から出るのは23時。そういう生活を続けていました。

ただ、ぼくはそれでもいいと思っていました。

たくさん仕事をこなすことができれば、上司や会社からの評価を上げることができると信じていました。

それ自体は間違ってはいません。

しかし、ぼくは単純に「長い時間会社にいた」というだけで、仕事をこなすスピードも、その質も全然大したことはなかったのです。

だから、上司や先輩たちに、「お前、いつも残業しているけど、そんなに残業するほど仕事振ってないよね。なにやってるの?」と怒られる日々でした。

せっかく一生懸命早く会社に来て、夜遅くまで働いているのに、なんで評価してもらえないんだ。

こんなに長く働いているんだから、さっさと帰ってる同期より高い評価をしてよ。

ぼくはそう感じていました。

残業をたくさんしても、いいことはなかった。

「自分が高いパフォーマンスを出せていない」

そのことは、何よりも自分がよくわかっていました。

その状況を挽回しようと考えたぼくは、最悪の手段を取りました。

「さらに残業時間を増やして、仕事時間で他の人を圧倒する」というやり方です。

平日だけではなく、週末も仕事をするようになりました。残業時間は、どんどんと増えていきました。

そうすれば、今の苦しい現状を変えられる、そう信じて愚直に残業時間を増やしまくりました。

しかしながら、その現状は、変わるどころか悪化していきました。

日々の疲れは取れず、パフォーマンスは上がらず、上司や先輩からの叱責も相変わらず。

どんどん精神的にも落ち込んでいきますし、自分がしたい勉強に時間を割くこともできませんでした。

そう、毎日朝から晩まで長く長く働いていても、ぼくは自分が望む成長をすることはできなかったのです。

仕事とは、「誰にどれだけの価値を与えらえれたか」で評価されるものであり、「どれだけ長く働くか」は評価基準にならないのです。

そして、働けば働くだけ自分の体力や精神力を削り、しかもまわりからは「あいつ全然仕事の結果を出せていないのに、なんであんなに残業ばっかりしてるんだよw」と嘲笑される日々でした。

こんなのはもういやだ。

そう、強く思いました。

過去のぼくのような人に、読んでほしい本がある

過去のぼくのように、愚直に労働時間を増やし続けているものの、なかなか結果が出ない人はいると思います。

そういう人は、すごくすごくまじめで頑張り屋なのです。

「なんとか結果を出したいけど、自分の今の能力だとそれがなかなか難しい。だから、たくさん残業して量でカバーしよう。」

そう思っている方が多いのではないでしょうか。

そうやって、「なんとか価値を提供しよう」「貢献しよう」という姿勢は本当に素晴らしいです。

しかし、あまりにも残業量を増やしすぎてしまうと、体や心の健康が悪化してしまい、誰よりも自分自身が一番損をしてしまいます。

できるならば、「残業時間」ではなく「仕事の質と量」を増やすことにより、周りから認められるし、成果もあげられるし、今後のキャリアも花開く、そういう人生を送ってほしいなと思っています。

そんな人におすすめな本として、赤羽雄二氏の「SPEED」をおすすめしています。

この本は、著者の赤羽さんが、その長年の経験を活かして、「本当に効果がある」と感じた仕事の効率化術が具体的に記載されています。

精神論でもなく、単純なパソコンショートカットではない、本当に「仕事の質とスピードを上げること」に特化した本なのです。

過去に仕事に苦しんでいるぼくに読ませてあげたいな、と強く感じる本なのです。

一部、書いてある内容を抜粋しますね。

スピードを上げるための8つの原則

  1. まず全体像を描く
  2. 丁寧にやりすぎない
  3. 仕事のツボを押さえる
  4. 好循環を作る
  5. 工夫の仕方を工夫する
  6. 前倒しする
  7. 一歩先んじる
  8. 二度手間を全力で避ける

ぼくが仕事に悩んでいるときは、どうしても「来たものをただただその場でこなす」という、非常に単純な方法をとってしまっていました。

とにかく目の前に来たものをさばく!!なるべく丁寧にやる!!

・・・赤羽さんがおっしゃっているような「仕事の全体像の把握」や「丁寧にやりすぎない」という感覚は、まったくもてていませんでした。

まじめな人ほど、「ひとつひとつちゃんとやっていこう」と思ってしまいがちなのですが、逆にそれが裏目に出て、手戻りが多くなってしまったりするのです。

まじめな人は、仕事のやり方を理解すれば、すぐに伸びていきます。

この本を読んで、少しずつ実践してみると、「あれ、仕事って意外と楽しいぞ!」となるかもしれません。

書類・資料作成の時間を最小化する

  1. 「メモ書き」を活用して最善最速で仕上げる
  2. 全体像を上司に確認しつつ進める
  3. アウトプットイメージ作成アプローチ
  4. ブラインドタッチとショートカットキー
  5. 再利用可能なファイルは、専用フォルダに保存する
  6. ファイルは頻繁に保存し、PCダウンにも備える
  7. ネットを切り、集中して書き上げる

「資料作成」は、時間を使おうと思えばいくらでも使えてしまう作業ですよね。

ぼくも、ひとつひとつの資料に膨大な時間をかけてうんうん悩むものの、なかなか形にすることができず、上司に「いつできるんだ!?」と常に怒られていました。

そうではなく、まずはメモ書きで頭を整理し、自分が考えているものを全部書き落としていく。

さらに、そこで全体像がある程度見えてきたら、方向性のずれがないか上司に確認をする。

こういうことをするだけで、どんどん仕事のスピードは上がっていきます。

また、できている人も多いとは思いますが、ブラインドタッチやショートカットのマスターをしたり、調査が終わったらネットを切って集中するなど、具体的なTipsがたくさんあります。

書類作成に悩む人も、この順序に従ってまずはやってみると、いろいろな学びがあると思います。

他にも、根本的な仕事への取り組み方から、具体的なやり方まで、実際の例をベースにふんだんに解説されているのが「速さはすべてを解決する」です。

また、著者の赤羽さんは、「質問や困ったことがあればいつでもメールをしてください」とおっしゃってくださっているので、直接赤羽さんとやり取りをすることもできますよ!(ちなみに、赤羽さんのレスポンススピードは尋常じゃなく速いです・・・!みならわねば)

残業が続いてつらい皆さん、よければ読んでみてくださいねー。

【無料/期間限定特典あり】Shinの公式メールマガジン

【無料/期間限定特典あり】Shinの公式メールマガジン