Outward Matrix

戦略コンサルタントのブログ。コンサルティング業務、英語、戦略策定、採用、育成等について書いています。

MENU

プチ贅沢な晩酌には「バルディビエソ・ブリュット」がオススメ!

スポンサーリンク

こんにちは、Shin(@Speedque01)です。ぼくはかなりの炭酸マニアです。

コンビニで新しい炭酸飲料が出たらチェックしますし、飲み屋さんでの一杯目はほぼ確実にビールです。眠気がひどいときにレッドブルを一気に飲むのも幸せを感じますね。

早めに家に帰れたときや金曜日などは、家で奥さんの手料理を食べながら軽く晩酌をするときもあります。そのときの飲み物はほぼ確実にビールですね。いろいろな銘柄を飲みますが、いちばん好きなものは何?といわれたらやはりサッポロ黒ラベルでしょうか。問答無用に美味しいですねー。

夏は特に暑いので、ビールがすすみます。しかし、普段の飲み会でもビール、晩酌でもビールだと少し飽きが来てしまうのも事実。炭酸好きのぼくとしては、「たまにはシャンパンでも飲みたいな」と思ったりもします。

シャンパンは美味しいけど高い

ただ、当たり前ですがシャンパンは高いです。

シャンパンの王様ドン・ペリニョンは1万5,000円を超えてきます。ちなみにぼくはまだ人生で飲んだことがありません。

 

有名シャンパンの中では比較的手ごろなモエ・エ・シャンドンでも4,000円超え・・・。さすがに普段ぐいぐい飲めるようなシロモノではありません。

 

確かにシャンパンは美味しいですが、ひとときの快楽のために数千円から数万円出す気持ちにはならないというのが庶民の悲しき本音です。「やっぱビールしかないか」と思っていたぼくですが、救世主を見つけたのです。

それが格安スパークリングワインである「バルディビエソ・ブリュット」です。

「バルディビエソ・ブリュット」、めっちゃ安いのに超美味しい!

「バルディビエソ・ブリュット」ですが、なんと1,280円という超お値打ち価格のチリ産スパークリングワイン。そして、楽天市場での試飲コメントも超いいかんじなのです。

みずみすしい青リンゴや梨の香りに、
グレープフルーツの皮のような香りや、かすみ草のような繊細な花の香りアクセントを加えています。

泡立ちは細かく、辛口の味わいに、穏やかな酸味とシトラス系のフレーバー、余韻に仄かなグレープフルーツのような苦味があります。

柔らかく、フレッシュ感のある味わいは、アペリティフから食中まで、幅広く活躍してくれる事、間違いなしです。

-------------------------------------------------

この値段で、うまいうまいスパーク!!

やっぱりチリ・アルゼンチンワインは、ほんとうに価格と味わいが
いい意味でアンバランス。

買わない手はないです。

こんな価格で、もうシャンパンの味わい。

普段飲みには、最適です。

飲んでみるしかないですね。さっそく取り寄せ、奥さんと一緒に焼肉を準備し、わくわくしながら栓を開けてシャンパングラスに注ぎました。

一口飲むと、かなり強い炭酸とともにリンゴのようなさわやかな香りとしっかりとした苦味が喉を通っていきます。確かにこれは美味しい・・・1,000円そこそことは思えない美味しさでした。

モエ・エ・ シャンドンやヴーヴクリコのようなシャンパンに比べると、泡は確かに荒いです。シャンパンに見られるような極め細やかな喉越しではありません。しかし、この炭酸の強さは夏にはぴったり、非常にさわやかでとても美味しいです。あまりの美味しさに、二日で飲みきってしまいました・・・。

「大阪焼肉ふたご」や「プラチナフィッシュ」でも提供!

この「バルディビエソ・ブリュット」ですが、「大阪焼肉ふたご」や「プラチナフィッシュ クラフトビアバル」でも提供されています。

★参考記事

お店で飲んでももちろん美味しいですが、家で少し優雅に晩酌したいときはぜひ!とてもオススメのスパークリングワインでした。