読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Outward Matrix

戦略コンサルタントのブログ。コンサルティング業務、英語、戦略策定、採用、育成等について書いています。

MENU

20代対象に無料でプログラミング研修を実施!「プログラマカレッジ」が面白い。

スポンサーリンク

こんにちは、Shin(@Speedque01)です。ぼくは現在20代の社会人ですが、友人たちを見ていると今後のキャリアに悩む人がなかなか多いようです。

ぼくは幸いなことにコンサルタントという仕事に満足しており、今のところキャリアチェンジをする気はあまりありません。ただ、周りの友人を見ていると転職を考えている人がちらほら見られます。

  • 思っていた仕事とは違った
  • 一生懸命やってはいるものの、権限を持つまであと10年はかかりそう
  • 研究開発の仕事より、もっとお客さんと直にかかわれるような仕事がしたい
  • いっつも調整ばかり。自分自身でサービスを作り上げるような仕事がいい

などなど、いろいろな声を聞きます。

ぼくは基本的には「現在の仕事に一生懸命打ち込んで成果を出してみよう。そうすると楽しくなっていくから。」という立場ですが、ある期間一生懸命やってみたのに成果が出なかったり、心や体を壊しそうな場合は転職も視野に入れるべきと考えています。

転職を考える場合、最近盛り上がっている業種がプログラマーです。特に年齢が若く学習意欲も有り、かつある程度コードがかける人はかなり引く手数多のようです。開発作業自体はどんどんインドやフィリピン等のプログラマーにアウトソースされている潮流はあるものの、まだまだ日本人のプログラマーも人気です。

とはいえ、いきなりプログラマーになるというのはハードルが高い。ですから、現在多くのプログラミングスクールが勃興しており、20万円から50万円ほどの授業料でプログラミングを教えているのです。

20代を対象に無料プログラミング研修を実施する会社があった

そんななか、なんと20代を対象に無料でプログラミング研修を受けられるサービスを発見しました。それが「プログラマカレッジ」です。

20代であれば、通常数十万円かかるプログラミング研修がすべて無料で受けられ、しかもその後の就職サポートや有給でのインターン紹介まで実施してくれるというなんとも太っ腹なサービスです。さらに、現在仕事をしている人も受講可能という振り切り様です。

その後の就職斡旋先も有名企業ばかり。

  • サイバーエージェントグループ
  • LINEグループ
  • 楽天
  • ソフトバンク
  • リクルートグループ
  • NTTデータグループ
  • 伊藤忠グループ

などなど、大手企業が名を連ねています。

f:id:Speedque01:20170512002339p:plain

f:id:Speedque01:20170512004526p:plain

f:id:Speedque01:20170512002355p:plain

f:id:Speedque01:20170512004558p:plain

とはいえ、そんな甘い話があるはずがないと感じるのが普通です。

実際に研修をしてみるとわかりますが、研修にはかなりのお金がかかるもの。どんなに素晴らしい理念を持っている企業でも、どこかしらから費用を捻出しなければサービスを提供することは不可能です。

「なぜ無料なの?」という疑問に対しては、「各種企業から協賛金を得ており、それにより運営費を捻出している」という回答でした。 

f:id:Speedque01:20170512002424p:plain

上記では「プログラマーの教育を無料で受けられるように」と書いてあります。これはもちろんうそではないでしょうが、それに加えて協賛金を出している企業の意図も考える必要があります。

プログラマカレッジを卒業した人は、ある程度のスキルを持ったプログラマのたまごになります。実務経験には欠けるものの、完全な初心者に比べれば一歩も二歩も先を行っているといえるでしょう。さらに20代という若さもあり、市場価値はかなり高いです。

プログラマカレッジに協賛金を出している企業は、プログラマカレッジ卒業生を優先的に紹介されるような仕組みになっているはずです。ボランティアでお金を出しているわけではなく、優良人材を効率的に採用するためにお金を出しているのです。

とはいえ、これはプログラマカレッジの参加者にとってもメリットといえます。人材採用にコストをかけられる優良企業に優先的に採用してもらえるチャンスを得られますからね。そういう意味ではWin-Winのサービスといえます。

プログラマカレッジの受講中に「やっぱりなんか違うな」と思った場合も、特に費用はかからないようなので安心ですね。「プログラマーってどんな感じなのかな」という軽いノリの人であっても、話を聞く価値はありますね。

f:id:Speedque01:20170512002438p:plain

数十万円以上の価値が有り、しかもノーリスク。仕組みも非常にまっとうなのがこの「プログラマカレッジ」というサービスです。

受講者の声

実際に受講した人たちの声もありました。下記は入学経緯ですね。前職は営業をやっていた方のようです。

入学した経緯を教えてください

前職ではITと全く関係のない営業をしていたのですが、元々は音楽に関わる仕事がしたいとずっと思っていました。

そんな中、友人からカレッジを教えてもらい、調べてみると音楽に携わるITの仕事も紹介してもらえるとのことでしたので、自分のやりたいこととマッチすると思い、ITは未経験で不安も大きかったのですが入学を決めました。

実際に受講した感想もあります。仕事をしながらでも参加できるというのは素晴らしいですね。

実際に入学してみてどうでしたか?

当時はITの知識が全くなく、エンジニアになりたいという明確な理由もなかったのですが、それでも漠然とITに興味を持っていました。その様な中での参加でしたので、はじめは不安と期待が半々ぐらいでした。ですが、実際に参加してみると、講師の方の授業が楽しく、今となっては本当に参加してよかったと思っています。質疑応答がその場でできるので、わからないことがあればすぐ解決できたのも良かったですね。あと、自分は仕事をしながらの参加だったのですが、その様な状況にも対応してくれたのでとても助かりました。

プログラマカレッジ卒業後、実際にプログラマーとして仕事をしている方の声もありました。立派にプログラマーとして働かれていますね。

現在はどんな仕事をしていますか?

入社して一番初めに、あるアーティストさんのサイト作成を担当しました。アーティストの方のECショップサイトになるのですが、新規作成ということでゼロから構築しました。今は、30個程あるサイトを暗号化する作業をしています。今の仕事では、出来なかったことができるようになるとそれが目に見える形でわかるのですが、その瞬間が嬉しくて、仕事に対してすごくやりがいを感じています。今後は技術の幅を広げていきながら、サイト制作だけではなくて、アプリ制作にも取り組んでいきたいと思っています。

運営会社「インターノウス」とは?

プログラマカレッジの紹介を見る限り、かなりメリットが大きいサービスではあります。とはいえ運営会社がどのようなところなのか、不安に思うところですよね。

プログラマカレッジの運営会社は「インターノウス」という会社です。

www.internous.co.jp

設立は2005年なので、もう12年ほどたっています。本社住所は霞ヶ関、正社員は60名と中規模の会社ですね。

事業概要としては「IT エンジニアの人材紹介/ 派遣」「IT アウトソーシング/ コンサルティング」「採用代行」「営業支援/アライアンス支援」とのことです。

プログラマカレッジでプログラマーのたまごを育て、彼らを他の会社に紹介したり、特に腕がいいエンジニアは自社で正社員として抱え込んだりしているのでしょう。プログラマカレッジはインターノウスにとっても良い仕組みですね。

とある転職サイトでプログラマカレッジについての感想の記載がありました。1ヶ月目は座学で授業、2ヶ月目と3ヶ月目は実践的なサイト作成を通し技術を磨けたということです。無料とはいえ、授業内容は充実していたとのこと。

インターノウス株式会社は評判も非常に良いため、安心してプログラマカレッジに関する説明を聞くことができますね。

最終的にプログラマーになって大手企業に就職する道が開けるかもしれませんし、ならなかったとしても無料でプログラミングスキルを教えてもらえるというのは非常にメリットが大きいです。

さらに今はプログラマカレッジの説明を受けに行くだけで1000円分のクオカードがもらえるキャンペーンもやっているようです。少しでもプログラマーに興味があるならば、ぜひ一度足を運んでみてください。そこで人生が変わるかもしれません。