Outward Matrix

戦略コンサルタントのブログ。コンサルティング業務、英語、戦略策定、採用、育成等について書いています。

MENU

伸び悩むエリートにあるあるな2つの特徴を説明する

スポンサーリンク

こんにちは、Shin(@Speedque01)です。ぼくの友人に、「とても優秀なのだが、なんか残念なんだよな・・」という人がちらほらといます。

ぼくには、いわゆる高学歴で非常に頭脳明晰、大手企業に勤めて意気揚々とサラリーマンをしている、そういうような友達がいます。もちろん、ほとんどはとても優秀なだけではなく、性格もよく人好きもする人たちです。

しかしその一方で、「なんかなー。。。」と思わざるを得ない人がいるのもまた事実です。彼らを見ていて思い出すのは、ポケモン赤・緑・青のライバル、グリーンです。

グリーンは結局レッドには勝てない。

ぼくがゲームを始めたのは、ゲームボーイ&スーパーファミコンからでした。

周りの友達たち同様、有名どころは大体やってきました。みんなで64囲みながらスマブラの腕を磨いたのはとてもいい思い出です。スマブラまたやりたいなあ。

ポケモンもとても楽しくやっていました。個人的にゴーストが大好きでした。ゲンガーはそうでもない。

そんなこんなで楽しくポケモンをやっていて、ちょいちょい出てくるのが幼馴染でもありオーキド博士の孫のグリーンです。いつも主人公の先を行っていて、最終的には四天王まで倒してしまっているエリートトレーナー。でも、最後にはレッドに負けてしまう。

今思い出してみると、グリーンってめちゃめちゃ優秀なエリートだけど、なんか今一つな感じの人々とそっくりだなと感じました。その特徴を二つにまとめてみたので、ご覧ください。

特徴1:常軌を逸した上から目線

グリーンは非常に意識が高く、昔からオーキド博士の下でポケモンの勉強をしてきました。「俺は絶対にできる」という自信があったのでしょう。

なんとなく、「非常に裕福な家庭に育ち、しっかりと勉強や部活もやり、その上でいい大学に合格、新卒で外資系もしくは日系大手企業に行く」というエリート層と被ります。そういうように育った場合、一定の確率で、ある特徴を持つ人材が輩出されることになります。

その特徴とは、常軌を逸した上から目線です。

「自分が誰よりも頭がいい」と思い、周りの人全員が自分より馬鹿だと思っている。そういうようなちょっとヤバい感じの人ですね。もちろんほとんどの人は、彼よりも若干頭の周りが悪い可能性はあります。

彼は非常に優秀なのですから、それはそうでしょう。ただ、だからといってそれを「お前らほんとに馬鹿だな、俺はこんなに頭がいいのに」というように態度に出してしまうとどうなるでしょうか。結局、周りから理解を得られず評判も悪く、チームで動く仕事が何一つできなくなってしまいます。

彼らは頭はいいかもしれない、しかし、そういう機微をわかっていないため、結局ある程度以上のパフォーマンスは出せなくなってしまうのです。

もちろん、彼は非常に作業者としては優秀なのである程度まではサクサク昇進するでしょう。が、その後大勢の人を巻き込んだりリードしたり、そういう仕事になった場合に伸び悩んでしまう可能性が非常に高いのです。

グリーンももちろん一生懸命勉強し、ポケモンを育てきったからこそ四天王に勝てたのでしょう。ただ、周りの人に応援されていた無口なレッドに、最終的に負けてしまいます。

特徴2:人や環境のせいにする

いわゆるエリートは、社会に出るまでほとんど挫折をしていません。

しかし、残念ながら仕事はそううまくいきません。誰しも例外なく失敗し、挫折し、落ち込むことがあります。つまり、仕事はエリートにとって初めての挫折の場なのです。

そうなった場合に、「自分駄目だったな、甘かったな。もう一度頑張ろう」と思える人は全く問題ないです。そのあと改善して、またチャレンジすればいいのですから。

ただ、たまに「こんなのおれのせいじゃない」「これはあいつが悪いんだ」「これはこういう事しかできないこの会社が悪いんだ」、そういうふうに全てを周りのせいにするという人もいるのです。

今までまともな挫折ということをしたことがないため、うまくいかなかった場合にどのような対応すればいいのかわからないのです。混乱した結果、自分を守るために人のせいにする、それが唯一彼らの取りうる選択肢です。

そういう人たちは、経験から何かを学ぶということをしないので、いずれどこかで成長が止まります。そんなこんなしているうちに、最初はあまり優秀ではなくとも、一つ一つ失敗から学んできた人の方が、後々大きく成長します。

グリーンは、負けた際に反省するというより、「これは偶然だ」とかそんなかんじの捨て台詞が多かったという印象があります。

素直に自らの実力が足りないことを認められないような、そんな印象。

何からでも学び、自力で突破する姿勢を身につけよう

グリーンのように、「自分は優秀である」「今までの経験・実績を鑑みると、うまく行かないはずがない」という高い自己評価を持つこと自体は、悪くはないです。しかし、それにとらわれすぎて、周りの人を下に見たり自分のことを省みることができないと、絶対に行きづまるときが来ます。

心の底で「自分は何でもできる!優秀だ!」という高い自己肯定をしておくことは良いのですが、それを周りに自分から喧伝しても、良いことはほとんどありません。歳が下だろうが、学歴に差があろうが、そんなことで人を見下したりしていると、いつか手痛いしっぺ返しを食らうことになります。

どんな経験からでも、どんな人からでも学ぶことは必ずあります。そのことを肝に銘じ、謙虚に過ごしていく必要があるのです。

また、何か失敗や挫折をしたときにどのような態度をとるかも非常に大事なポイントです。失敗したときにその原因を考えたり跳ね返そうと努力することなく、「おれが悪いんじゃないし」とふてくされていると、どんどん自分のできることが少なくなっていきます。

失敗と向き合い、挫折を味わうことはつらいことです。できることなら逃げたくなる気持ちもわかります。ですが、その逃げたくなる気持ちをぐっとこらえ、リソースを注ぎ込んで突破してみると一気に世界が変わります。

★参考記事

ただ、大体の人はこの最も基本的なことが出来ていません。うまくいってる人が「これがいいよ」と言ったらそっちに飛びつき、「あっちがいいよ」と言ったら別の方法に飛びつく、そんなことの繰り返しです。

もちろん気持ちは分かります。ぼくだって、もしできるのであれば労力がいらずすぐにうまくいく方法でやっていきたい。でも、断言しますがそんな都合のいい方法は無いのです。

まずは徹底的にリソースを注ぎ込むこと。その先にのみ、勝機があります。どの分野でも徹底的に続けた人が最後に笑うのです。

  • 今まで培ってきた高すぎる自己肯定感を内に秘め、周りの人や経験から学び続けること
  • 失敗や挫折にしっかり向き合い、リソースを注ぎ込んで突破すること

以上2点をしっかりとできれば、「伸び悩む残念なエリート」から脱却できる日はすぐそこです。

★次はこの記事をどうぞ