読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Outward Matrix

戦略コンサルタントのブログ。コンサルティング業務、英語、戦略策定、採用、育成等について書いています。

MENU

今年は「惜しみなく」過ごそうと思う。

スポンサーリンク

こんにちは、Shin(@Speedque01)です。年が明けると、「今年はどうしようかなー」って考えちゃいますよね。

普段から長期目標を眺めつつ微修正を加えたりはしていますが、年末年始になるとさらに深くそれについて考えてみたくなります。

ぼくはそういう目標を大多数の人に公開したりはしないタイプです。奥さんにはチラッと見せますが、友人たちにも、もちろんネット上にもあげたりはしません。恥ずかしいので。笑

いろんなことがあった2016年。

2016年は、個人的にいろいろなことがありました。プライベートでもそうですし、仕事でもそうです。そして、このブログ「Outward Matrix」を開設したのも昨年の1月のことです。

2016年は、とにかく無我夢中でした。

  • 仕事では新たな領域にチャレンジしたり、部下を持って「人の上に立つこと」の難しさを知ったりしました。
  • 新しいことを学ぶスピードが遅すぎることに気づき、どう改善するか毎日毎日考えていました。
  • ブログを開設し、とにかく自分が知っていること、経験したことをアウトプットしました。
  • 友人やネット経由で、いろんな相談に乗りました。
  • 「自力でお金を稼ぐ」ということの面白さと大変さを知りました。
  • たくさんの刺激的な本に出会うことができました。
  • いろいろな生き方をしている人がいることを知りました。
  • 少しだけ自分のしたいことが見えてきた気がしました。
  • 根本的な力が足りていないことに改めて気がつきました。
  • 目の前のことに一生懸命取り組もうと思いつつ、できていないこともたくさんありました。

満足感もありつつ、もちろん後悔もあり、新たにたくさんの人と友達になることができ、過去の友達たちと楽しくお酒を飲むことも、奥さんとゆっくりディナーすることもできた、素敵な一年でした。

今年は「惜しみなく」過ごそうと思う。

今までぼくはずっと「いろんなことを知りたい」「すべてのものを手に入れたい」と思い続けていました。そして、今もその果てしない欲望に折り合いをつけることはできていません。

特に物欲があるわけでもなく、豪邸に住んでFacebookにその写真をあげたいとも思っていません。ただ、漠然と「すべてが欲しい」という謎のモチベーションがあり、仕事等に邁進してきました。

おそらく、その「すべてが欲しい」という欲望の中心にあるのは何かしらの欠乏感です。両親や友人、上司や先輩など周りのすべての方々に良くしてもらっているにもかかわらず、その欠乏感は消えることはありませんでした。

しかし、仕事で立場がちょっと変わったり、ブログを開設していろんな方と関わるようになってから、「これは違うな」と思うことが多くなってきました。

結局、いろんなものを手にしても、一人でそれを消化していてはつまらないのです。いくらビールや焼肉がおいしくても、毎日それを一人で食べていては面白くない。いい小説を読んだら、誰かに紹介したいし、誰かと感想を語り合いたくなる。

自分はそういう生き物なんだな、と理解しました。

いくら自分ひとりでたくさんのものを得ても、それを誰かと分かち合うことができないと、自分はいつまでたっても謎の欠乏感に苦しまされるであろうことがわかりました。

なので、今年は「惜しみなく」過ごそうと思います。

  • 仕事で得た知識、本で読んだこと、何気なく過ごしている中で気づいたこと、そういうものをブログや他の媒体でアウトプットする
  • 徹底的にクライアントが何を欲しているのか理解し、それを提供するために全力を尽くす
  • 奥さんと幸せに過ごすために何ができるのか考え、実行する

自分にとっての幸せは結局、「誰かに尽くすこと」にあるような気がします。

健康が第一であることはいうまでもありませんが、体力の続く限り他の誰かの役に立てるチャンスを逃さず、惜しみなく2017年を過ごしていきたいなと思います。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。