読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Outward Matrix

戦略コンサルタントのブログ。コンサルティング業務、英語、戦略策定、採用、育成等について書いています。

MENU

過去の経験を活かしまくるためにすべきことを伝える

ライフハック

スポンサーリンク

★厳選オススメ記事!

こんにちは、Shin(@Speedque01)です。ぼくはあまり出来がよろしくないほうのようで、いろいろな失敗をしてきました。

勉強でも仕事でも人間関係でも、「あー、あそこであんなことしなければよかったのに」「もっとこうしてればうまくいったのにな」と思うことばかりでした。もっと要領がよく生まれていればこんな苦労をしないですんだのに・・・と自分のダメさを呪ったものでした。

失敗のあと、どうするか

ただ、そうやって自分を卑下しても何も始まりません。「自分はよく失敗する人間なんだ」という事実は、いくら自分の出来の悪さを呪っても変えることはできないのです。

そして、周りの友人や後輩、先輩たちと話していると、大なり小なりみなぼくと同じような感覚を持っているようでした。「もっと失敗を減らしたい」「なんであんなことをしてしまったのだろう」、みなそういう思いを持っているようです。

ただ、そういう失敗を学びに変えてその後に活かしていける人と、結局何も変わらず同じような失敗を繰り返す人で大きな差ができてしまっていることもまた事実です。

いつまでたっても新入社員と同じような失敗ばかりして、お荷物扱いされてしまう人もいれば、まだ新人なのに多くのことを吸収して先輩から頼られまくるような人もいます。

そういう場面を見ていると、「仕事年数よりもどれだけ過去の経験を活かせるかが勝負の分かれ目なんだな」と強く感じます。

カテゴリわけして学んだことを随時更新

年齢に関係なく、過去から学べるかどうかで勝負が決まることを目の当たりにしたぼく。今は、定期的に自分の学んだことをワードファイルに定期的にアップデートしています。

カテゴリとしては、「英語」「資料作成」「メール」「プレゼン」「その他」など。「こういう場面ではこういう単語を使うべき」みたいな細かいレベルのところから、「情報を周囲に提供し続けること」「サボりたくなったら人の目を使う」みたいな若干抽象的なところまで、他の人の指摘や自分で考えたうまくいくための方法をログしまくっています。

覚えが悪いぼくでも、定期的にこのワードファイルを開いて過去の学びを振り返ったり新しく追記していくことで、だんだんと「経験を活かせる」人になってきている実感があります。

逆に、こういうことをせずにただ日々を漫然と過ごしていたときは、何をやっても前に進んでいる気がしませんでした。いろいろな経験をして学びも多いはずなのに、それが全然実感できない辛い日々でした。

せっかくなので公開します

実は上記のワードファイルはGoogle docs上で更新しています。ぼくがコンサルタントとして日々学んでいることや、実際に使える英単語や表現集、さらにブログを運営していく中で気づいたブログ運営術やブックリスト、過去の厳選ツイート集などなど、時間があるときに更新し続けています。ページ数は18Pですね。

参考:Shinの学んだこと一覧(随時更新)

上記をごらんいただければ、どのような感じで自分の過去の経験をアウトプットし、活かしていくべきなのかがわかると思います。また、ぼく自身が本当にいいと思った学びを詰め込んでいますので、ぼくの経験を疑似体験するということもできるかと。

また、もしあなたの周りに年が近くて頼りになる先輩がいない場合も役に立つかもしれません。ぼくもあなたと同じように苦労してきたり悩んだりしていたので、ここに書いてある具体的なTips、抽象的な行動規範をそのまま適用できるところもあるかもしれません。「周りの先輩から学べることがない・・・」と悩んでいる方がいたら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

参考:Shinの学んだこと一覧(随時更新)