読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Outward Matrix

戦略コンサルタントのブログ。コンサルティング業務、英語、戦略策定、採用、育成等について書いています。

MENU

乃木坂46、橋本奈々未さんの引退理由がメチャクチャ格好いい

スポンサーリンク

こんにちは、Shin(@Speedque01)です。ヤフーニュースをサラサラ読んでいたら、とても素晴らしいニュースがありました。

それがこちら、乃木坂46の橋本奈々未さんが引退するというニュースです。

news.yahoo.co.jp

※追記:2017年2月20日の埼玉スーパーアリーナでのコンサートで、橋本奈々美さんは乃木坂46を卒業、そして芸能界を引退するとのことです。

アイドルの引退宣言自体はとてもありふれているものですが、その内容が素晴らしい。朝からとてもすがすがしい気分になったので、ご紹介します。

アイドルになった理由はお金が欲しかったから!?

このニュース内にあるインタビューによると、橋本奈々未さんがそもそもアイドルになった理由は「お金」とのこと。

設楽統さんが「自分の中でここまで成し遂げたから卒業みたいなものがあるの?」と質問すると、橋本さんは「元々入ったのが本当にお金だった。めっちゃ貧乏で、水道止まる、ガス止まる、みたいな。私は一人目だったから、学校とか行かせてもらったので、弟まで回るのか、弟、男の子だったので、何とかしなきゃって思って、この年齢で模索しているところでこの道があった」と思わず涙をこぼした。

アイドルを目指す女の子はたくさんいますが、「マジでお金を稼がないといけなかったから」といった理由の人は今まで見たことがありません。もちろん、みんな「有名になりたい」「お金をたくさん稼ぎたい」とは思っていると思いますが、「ガスが止まるで貧乏だったからなんとしても稼がないといけなかった」というのは相当珍しいのではないでしょうか。

橋本奈々未さんは北海道出身ですので、もし真冬にガスが止まってしまったら生死に関わるレベルですよね・・・。

橋本 奈々未(はしもと ななみ、1993年2月20日 - )は、日本のアイドル、ファッションモデルであり、女性アイドルグループ乃木坂46のメンバー、『CanCam』の専属モデルである。北海道旭川市出身。B型。 
橋本奈々未 - Wikipedia

旭川の真冬とか、寒いとかいうレベルを超えてますよね。その中でガスが止まるという恐怖は察するに余りあります。 

目処をつけることができたので、好きなように生きる

一生懸命アイドルとしてがんばり、活躍した橋本奈々未さん。そのおかげで、極貧生活から抜け出せたとのことでした。

設楽さんが「めどがついたの?」と聞くと、橋本さんが「弟も大学ちゃんといけて、彼も頑張ってくれて、学費免除になった。あと4年あるけど勉強頑張れば大丈夫になった。それで母親から、『いまままでごめんね。無理しないで、好きなことをしてください。弟も自立してくれるようになったし、私も私で生活できるから』という手紙が来て」と告白した。

橋本奈々未さんは、本当はアイドル以外の活動をしたかったのだと思います。しかし、家族のことを考えて一生懸命アイドル活動をし、活躍をし、お金を稼いで家族を救った。そして、家族全員がしっかり生き抜いていけることを確認したところで、身を引く。

なんというか、とても格好いいなとシンプルに思いました。

「せっかくここまで活躍したのにもったいない!!」という声や、事務所からの引止めなどはもちろんあったことと推察します。それらの意見にも真正面から向き合いつつ「私は当初の目的を達成したので、あとは好きなようにします」と、さわやかに答えたのでしょう。
参考:「好きなようにしてください」は、ぼくが今年一番衝撃を受けた本 - Outward Matrix

英語をしゃべれるようになりたい!

ちなみに、日刊スポーツに橋本奈々未さんの一問一答インタビューが掲載されていました。一部抜粋して紹介しますね。

www.nikkansports.com

-卒業後どういったことをやりたいですか

橋本 第一には、英語をしゃべれるようになりたい。ずっと言っているんですけど、まだ全然しゃべれるようになってないので。卒業したら、少しは今より自由な時間ができると思うので。英語ができると、いろいろと役立つと思いますし、1人で行動するのが好きなので、1人で海外旅行とかもしたいですし。

-興味がある仕事は

橋本 仕事はまだいろいろ考えていて、具体的に、口に出してこれっていうものはないですね。今とりあえず勉強しているのは、5年間みなさんにサポートしてもらいながら働くということをしてきたので、一般的な感覚を取り戻すというか、身につけるために、秘書検定の勉強をしています。実際に資格を取るかは別として、参考書を読んでいます。

-どういう風になりたいか、思い浮かんではいる

橋本 思い浮かぶんですけど、これを言ってしまうと、自分の可能性を狭めてしまいそうで(笑い)。

-芸能界でやり残したことはなく、やり尽くしたという感じですか

橋本 私には見えていないこととか、やっていないこととか、踏み込んでいない領域とかはたくさんあるんですけど、自分なりに充実した5年間だったと思います。

-乃木坂の活動で思い出深いことは

橋本 全然まだ分からなくて。18歳から23歳の、若い女の子と言われる期間をアイドルとして生活してきたことは、今後においてまた、大きく関わってくることだと思うんですけど、今はまだあと5カ月くらいあるので、これが楽しかった、あれがそうだった、というのはないんですけど、きっとこれから5カ月の間にもっとそれ(思い出)が起こってくるんだろうなと思います。

非常に真摯な受け答えでとても好感が持てる方だな、という印象を受けますね。

本来生活のために始めたアイドル活動、いろいろ思うところもあったのでしょう。しかし、それでもしっかりとやりぬき、乃木坂46を超一流のアイドルグループに成長させた橋本奈々未さんは、やはりとてもすごい方であるといえるでしょう。

秘書検定や英語の勉強など、少しずつ「普通の女の子」に戻っていくのでしょうか。それとも、実は大きな野望を秘めていて、この受け答えは単なる建前のものなのでしょうか。

どちらにせよ、橋本奈々未さんはそのやりぬく力と真摯さで、何をやってもうまくいくのではないでしょうか。これからも応援していきたいですね。

★次はこの記事をどうぞ