読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Outward Matrix

戦略コンサルタントのブログ。コンサルティング業務、英語、戦略策定、採用、育成等について書いています。

MENU

電通社員を自殺にまで追い込んだ真の要因は、「過労」それ自体ではない

社会

スポンサーリンク

★厳選オススメ記事!

こんにちは、Shin(@Speedque01)です。昨日、非常に痛ましいニュースがありました。

日本を代表する超大手企業のひとつ、電通の若手女性社員が過労で自殺に追い込まれてしまったというニュースです。

www.asahi.com

高橋さんは東大文学部を卒業後、昨年4月に電通に入社。インターネット広告を担当するデジタル・アカウント部に配属された。代理人弁護士によると、10月以降に業務が大幅に増え、労基署が認定した高橋さんの1カ月(10月9日~11月7日)の時間外労働は約105時間にのぼった。

高橋さんは昨年12月25日、住んでいた都内の電通の女子寮で自殺。その前から、SNSで「死にたい」などのメッセージを同僚・友人らに送っていた。三田労基署は「仕事量が著しく増加し、時間外労働も大幅に増える状況になった」と認定し、心理的負荷による精神障害で過労自殺に至ったと結論づけた。

これに呼応するように、「100時間程度の残業で過労死するなど情けない」などと堂々とNewsPicksで発言するような方も。

武蔵野大学グローバルビジネス学科教授、長谷川秀夫氏の発言です。

月当たり残業時間が100時間を越えたくらいで過労死するのは情けない。会社の業務をこなすというより、自分が請け負った仕事をプロとして完遂するという強い意識があれば、残業時間など関係ない。

自分で起業した人は、それこそ寝袋を会社に持ち込んで、仕事に打ち込んだ時期があるはず。更にプロ意識があれば、上司を説得してでも良い成果を出せるように人的資源を獲得すべく最大の努力をすべき。それでも駄目なら、その会社が組織として機能していないので、転職を考えるべき。また、転職できるプロであるべき。長期的に自分への投資を続けるべき。

このニュース、そして上記にあるような「過労死は甘え」という意見に対し、皆さんはどう思われるでしょうか。ぼくは、このニュースの原因を労働量そのものに求めること自体が間違っていると考えています。

残業量それ自体はそこまで異常ではない

残業105時間というのは、1日当たり約5時間強に変換することができます。定時が18時だとしたら、毎日23時まで働かなければいけない、といった状況ですね。

もちろんこれはだいぶつらいことは確か。毎日定時帰りが当たり前の人にとっては、信じられないほどの労働量です。

しかしながら、コンサルティングファームや投資銀行、電通や博報堂などの広告代理店、商社やベンチャー勤務の人にとっては、確かにそこまでのものではありません。

そういう意味では、「おれはもっと働いてるぞ!!!この程度で自殺するなんて甘え!!!」と短絡的に考える人がいるのもわかる気がします。

しかしながら、問題は105時間という残業量それ自体にあるわけではないのです。自分が心から打ち込め、周りともいい関係を築き、素晴らしい人に囲まれているような環境であれば、残業を何十時間しても苦にはなりません。

しかし、もしあなたが常に周りからの嘲笑にさらされ、何を言われても否定され、いくらやっても終わる見込みがない仕事を強要されていたとしたら。そして、それが毎日毎日日付が変わるぐらいまで繰り返されていたとしたら。

断言しますが、どんなに強い人でも壊れます。

追記:そもそも105時間というのは過少申告ではないか、という意見もありました。確かに、実際に認められたのがそれだけで、実際はそれ以上という可能性はあるかなと思います。

自殺した電通社員の心はズタズタにされていた

毎日新聞ニュースに、自殺した電通社員の方のSNSまとめがのっていました。
http://mainichi.jp/articles/20161008/k00/00m/040/117000c

f:id:Speedque01:20161008112001p:plain

「休日返上で作った資料をボロくそに言われた もう体も心もズタズタだ」

「男性上司から女子力がないと言われるの、笑いを取るためのいじりだとしても我慢の限界である」

上記のSNSの書き込みから、彼女がどのような毎日を送っていたのか、ぼくは容易に想像することができました。

--------------------------------------------
慣れない業務であるものの持ち前の責任感で一生懸命やり、毎晩遅くまで残業し、休日出勤もする。そして、なんとか作り上げた結果を上司に提出するものの、「こんなの全然使えねえよ!お前いい加減にしろよ。明日の朝までにもう一回やってこいよ!?」と詰められ、また朝まで仕事をしなくてはならない羽目になる。

そんな状況にも拘らず他にもタスクは次から次へと振ってくるが、どれもなかなか効率よく進まず、同じように怒られ続けるようになってしまう。その結果、身の回りのことに気を使う余裕もなく、メイクもしっかりできない。

そういう状況に陥れた上司から、「お前ほんと女子力ないなw」といじられ、部署の全員からバカにされつづけ、空気を壊さないために一緒に笑わないといけない。そんな日々が毎日終電近くまで、休日もなく、数ヶ月続く。終わる見込みもない。

限界だ。
--------------------------------------------

ぼくも、そのような状況に陥ったことがあります。おそらく今回自殺した電通社員の方に比べればマシだったとは思いますが、それでも「つらい」なんて言葉じゃ言い表せないほどの体験でした。

最初、大量のパワーポイントやワード、エクセルのドキュメントを渡され、「とりあえずそれを読んでおいて」と言われます。言われるがままに読みますが、何がどうなっているのか全くわからない。クライアント先に連れて行かれても、先輩達やマネージャが何を話しているのか、本当に同じ日本語なのかどうか怪しいレベルでわからない。

「議事録を取っておいて」といわれ、ワードを立ち上げながら言葉を拾うものの、日本語として頭に入ってこないため、メモもまったく意味不明なものでした。それを一晩中かけて意味がわからないなりにまとめたものを翌朝先輩に提出しましたが、 「おまえ、いったい何聞いてたんだよ・・・もういいよ、おれやっとくから」 の一言で、ぼくの仕事は巻き取られました。 それからも状況はまったく改善の目処が立ちませんでした。

議事録を書けといわれても、会議の内容がわからない。パワーポイントを作れといわれても、資料の作り方がわからない。エクセルで分析しろといわれても、分析って何をすればいいのかわからない。そんなことの繰り返しでした。いくら新人であっても、ここまでダメだと先輩やマネージャ達もだんだんと愛想を尽かし始めます。

その結果、ぼくが任せてもらえる仕事は、少しずつ、しかし着実になくなっていきました。 最終的に、ぼくがまともにできるのは資料のコピー取りだけとなりました。しかし、そこでも「両面印刷」といわれていたのを「片面印刷」に聞き違え、紙と時間を無駄にする結果に終わりました。

そこであきれた先輩に言われた言葉が、冒頭の言葉です。 「おまえコピーすらまともにできないんだな。もう任せられる仕事ないわ。帰れよ、もうあとやっとくから。」でした。

人というのは、簡単に壊れます。自分の身の丈にあっていない業務を押し付け、長時間労働させ、「全然ダメだ」「やる気あるのか」「死んだほうがいいレベルw」のように嘲笑し続ける。それを二週間続ければベッドから起き上がれないレベルにまで追い込むことができますし、そこで無理をしてがんばり続けると、ある日自分で命を絶ってしまうでしょう。

下記、自殺された電通社員の方の実際のツイートです。

重労働、パワハラ、セクハラの三重苦。これをもってしても「情けない」といえるのかどうか、長谷川教授に聞いてみたいところです。

労働量もそうだが、「人の気持ちを考える」ことを徹底してくれ!!

今回は電通という超大手企業で起こったからこそ大きく取り上げられていますが、おそらく他にも同じような事象は数限りなくあることでしょう。そして、それらはいつも「過労」「パワハラ」という一言でくくられてしまいます。

若手社員が追い詰められて自分で命を絶つということがある意味「普通」である日本社会、端的に言って異常です。

一生懸命働くことは素晴らしいことです。そのために、プライベートをある程度犠牲にして働くというのも、本人が納得していれば何の問題もないと思います。現にぼくはコンサルティングファームでかなりの時間を仕事に費やしていますが、チャンスをたくさん与えてくれる上司には感謝しています。しかし、その価値観を他の人に押し付けてはいけないのです。

また、なによりも大事なことは、「人の気持ちを考えること」です。明らかに無理なことを「お前の責任だ」と押し付けられ、できなかったことに対して延々と「フィードバック」される。これはもはやいじめの域です。数十分でもきつい経験なのに、それが毎日夜遅くまでずっと続いていたら・・・ぼくだったら耐えられません。

部下を持っている人、チームをリードする人、会社の経営者・・・すべての方に、「働いている社員はコマではない。ひとりひとり繊細な心と多様な価値観を持っている人間である」ということをこれ以上ないぐらい強く認識してもらいたいです。そして、ぼくもそれは絶対に忘れないようにします。

そして、現在そのような状況に陥っている方へ。どうしてもつらければ、即逃げてください。精神的に壊れたり、命を絶つことに比べれば、逃げることのデメリットなんてもののは微々たるものなんですから。

追記:1991年にも電通社員は自殺していた

実は今回のケースは初めてではなく、1991年にも24歳の電通社員が自殺していたようです。

www.osaka-karoshi.jp

一郎は、ラジオ推進部に配属されてからしばらくの間は、出勤した当日中に帰宅していたが、平成二年八月ころから、翌日の午前一、二時ころに帰宅することが多くなった。同月二〇日付けの滝口の一郎に対する助言を記載した文書には、一郎の業務に対する姿勢や粘り強い性格を評価する記載と共に、今後は一定の時間内に仕事を仕上げることが重要である旨の記載があった。

一方、一郎は、同年秋ころに一審被告に提出した文書において、自分の企画案が成功したときの喜びや、思っていた以上に仕事を任せてもらえるとの感想と共に、業務に関する不満の一つとして、慢性的に残業が深夜まであることを挙げていた。なお、同年秋に実施された一郎に対する健康診断の結果は、採用前に実施されたものの結果と同様であった。 

(中略)

12 一郎は、平成三年八月一日から同月二三日までの間、同月三日から同月五日までの間に旅行に出かけたほかは、休日を含めてほぼ毎日出社した。一郎は、右旅行のため同月五日に有給休暇を取得したが、これは、平成三年度において初めてのものであった。一郎は、同月に入って、坂本に対し、自分に自信がない、自分で何を話しているのか分からない、眠れないなどと言ったこともあった。

13 平成三年八月二三日、一郎は、午後六時ころにいったん帰宅し、午後一〇時ころに自宅を自家用車で出発して、翌日から取引先企業が長野県内で行うこととしていた行事の実施に当たるため、同県内にある坂本の別荘に行った。この際、坂本は、一郎の言動に異常があることに気付いた。一郎は、翌二四日から同月二六日までの間、右行事の実施に当たり、その終了後の二六日午後五時ころ、行事の会場を自家用車で出発した。

14 一郎は、平成三年八月二七日午前六時ころに帰宅し、弟に病院に行くなどと話し、午前九時ころには職場に電話で体調が悪いので会社を休むと告げたが、午前一〇時ころ、自宅の風呂場において自殺(い死)していることが発見された。

一生懸命社会の役に立とうとした結果、大量の仕事や上司やクライアントからの罵倒により、自ら命を絶たないといけないところまで追い込まれた悔しさは、きっと想像を絶するものでしょう。

今回は「電通」ということで大きなニュースになりましたが、これは氷山の一角です。すべての会社で、しっかりと従業員のことを考えられているか、無理をさせすぎていないか、一度再チェックしてみてはいかがでしょうか。

どんなに強く見える人でも、優秀な人でも、限界を超える負荷を与え続け、精神的攻撃をしていたら、確実に壊れてしまうのです。そのことを、早急に認識して欲しいと強く願っています。 

追記:ついに強制捜査に発展

東京労働局が、ついに電通へ強制捜査へ入りました。

mainichi.jp

 広告代理店最大手・電通の新入社員だった高橋まつりさん(当時24歳)の自殺は過労が原因の労災と認定された問題で、東京労働局と三田労働基準監督署は14日午後、東京都港区の電通本社に対し、労働基準法に基づく強制調査「臨検」に着手した。臨検後、電通の労使協定が認めていない月70時間超の時間外労働など具体的な法令違反を確認した上で是正を勧告(行政指導)する方針。悪質と判断した場合は刑事処分を求める書類を検察庁に送ることも検討する。

ついに司法の手まで入りましたね。ただ、他でも指摘されているとおり、この問題は電通だけのものではありません。これをきっかけとして、まともな会社が増えることを願っています。 

次はこの記事をどうぞ:Todoリストの超具体的な活用方法を紹介するよ - Outward Matrix