読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Outward Matrix

戦略コンサルタントのブログ。コンサルティング業務、英語、戦略策定、採用、育成等について書いています。

MENU

人から手っ取り早く信頼を得る方法を教えよう

ライフハック

スポンサーリンク

★厳選オススメ記事!

こんにちは、Shin(@Speedque01)です。仕事でもプライベートでも、人から信頼を失うというのはメチャクチャこわいことです。

一度「あ、コイツはダメだな」と思われると、その先入観をぬぐうことは並大抵のことではありません。そして、何をやろうが言おうがなかなか信じてもらえず、ずっと疑いの目を向けられることになります。

ぼくは会社に入った初期のころは本当に何もできず、すぐに信頼を失いました。そこからいくらがんばっても、仕事は任せてもらえないし、何をやるにも怖くて自信を持って仕事をすることができませんでした。

反面、人から信頼してもらうことができると全てがうまく回り始めます。自分の発言はすぐ受け入れてもらえるし、「こうしたい!」といっても「お前がいうならいいよ」という風に任せてもらえるので、さくさく進みます。また、自分自身の精神衛生上も非常にヘルシーです。

「自分は認めてもらえているんだ、信頼されているんだ」と思えるのって、本当に幸せな気分になるんですよね。

速攻で信頼を得る人と、全然信頼されない人

ぼくはいろんなプロジェクトをやってきましたが、一緒に働いた人の中には「速攻で信頼を得る人」もいれば「何をやっても全然信頼されない人」もいました。

速攻で信頼を得る人の場合、立場に関わらずいつも大きなチャンスをつかみ、そしてそれをうまくまわしてさらに信頼をあげていくといういいサイクルに入っていました。

逆に、いつまでたっても信頼されない人の場合、大してバリューのない仕事しか回されず、そしてそれもうまくいかないでどんどん信頼されなくなるという悪いサイクルに陥っていました。

一度悪いサイクルに入ってしまうと、そこから抜け出すことは容易ではありません。「あいつはダメなやつだよ」とみんなから思われてしまっているので、仕事もやりづらいったらありゃしない。

もしそういう状況になってしまっていたとしたら、あなたはすぐに対策を講じなければなりません。また、もし運よくいいループに入っているとしても、それをさらに強化していくことは損にはならないでしょう。

その方法をお伝えします。

徹底的に報告をすること

メチャクチャ簡単。徹底的に報告をすることです。

  • 今は何をしているのか
  • なぜそれをしているのか
  • 事前に立てた目標は何か
  • その目標に比べて今の進捗はどうか
  • うまくいっていないのであれば、原因は何か
  • それを解決するために何をすればいいのか

上記を、同僚なり上司なりに徹底的に共有し、報告し続けること。それさえできれば、あなたの信頼度は一気に上がります。

信頼を得るためには、自分が今何をしていて、どういう状況なのか、きちんと自分から報告することが大事なのです。最初からすべてを完璧にできる人などいません。絶対にそこには何かしらのミスがあります。

ただ、それを自分の勝手な判断で抱え込んでおいて、どうしようもならない状況にしてしまう人は信頼を失いますし、常に常にまわりに共有して一緒に対策を考えていく人は、すぐに信頼を得ることができます。

ぼくは現在プロジェクトマネージャという立場でいくつかの仕事を統括していますが、これができない人が本当に多いのです。管理する立場からすると、報告があがってこないというのは想像を絶するストレスになります。

自分でもいろんなことをしなければいけないのに、「いまどうなってる?」といちいち聞かないと報告しない部下の評価は、残念ながら下げざるを得ません。逆に、「いまこれこれこうで問題ないです」「ちょっとここうまくいってないので、Shinさんに入って欲しいです」と自分から言ってくれる部下は非常にやりやすい。

社内にも、もっと報告の大切さを強調していかないといけないな、と感じる最近です。

※自分のタスクを管理し、そのままメールで貼り付けて送ることもできるTodoリストを作成しました。Todo管理や報告に悩む方はぜひどうぞ!