読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Outward Matrix

戦略コンサルタントのブログ。コンサルティング業務、英語、戦略策定、採用、育成等について書いています。

MENU

よく拡散された記事を3つのカテゴリに分けて、特徴を考えてみた

ブログ

スポンサーリンク

★厳選オススメ記事!

こんにちは、Shin(@Speedque01)です。ぼくもブログをはじめてもう半年とちょっと、その間にはいろいろとありました。

一番大きい学びは、「PVとか気にせず好きに書くのが結果として一番ラク」ということですが、それで終わると寂しいので、「拡散されやすい記事の特徴」というところを考えてみることにします。

ちなみに、「拡散されやすい = ブクマ数が多い」という突っ込みどころ満載の前提を置いていることをご了承ください。FacebookとかTwitterとかはてなとかまとめて計算するのが面倒すぎた

よく拡散された記事トップ10

トップ10はこちらになります。

カテゴライズしてみる

あえてカテゴライズしてみると、こんなカンジでしょうか。

Tips系(英語、エクセルなど)

やはり、すぐに使える英語やエクセル等のTips記事は拡散されやすい傾向にあります。読む側の方からすると、「とりあえずブックマークしておいて、後で見返そう」という心理が働くのでしょう。

ちなみに、これ系の記事の場合は叩かれることもほぼないので、気楽といえば気楽です。

英語やゼロ秒思考、エクセルに関しては、とにかくかけた時間が長いです。社会人になってからは、この3つはほぼ毎日何かしらの形でやっているので、そこそこの濃度のノウハウが自分の中にたまっています。

だからこそ、ある程度「使えそう」だと判断いただくことができ、結果として拡散されたのかもしれません。少しでもみなさんの役に立てていたら嬉しいですね。

「他の人よりも飛び抜けて時間を使っている」というものがあれば、濃いノウハウとして記事を書いてみてもいいかもしれません。もしかしたら拡散されるかも?

オピニオン系

あまり強いオピニオンは書かないようにしているのですが、たまに拡散されることがありました。これ系の記事はいろんな意見をいただくことができて非常に勉強になるのですが、強い口調での罵倒も届くので、あまり気にしないほうが良いかもしれません。

また、敢えて非常識なことを書いて炎上させようという人もちらほら見かけますが、何が楽しいのでしょうか・・・。

オピニオン系で拡散されたのは上記2記事ぐらいですね。

正直、下手に自分の偏見を前面に押し出した記事を書いてPVを稼いでも、ただ消耗するだけなのではないかと個人的には考えています。ぼくも上記2記事を書いた後はなんか疲れました。

言いたいことを言って、それが多くの人に届いたという意味では嬉しいのは確かなんですが、なんかあんまり他の人の役にたてた気がしないんですよね。

これ系でPVを稼ぐことはあまりオススメしないです。自分のオピニオンを発信するのはもちろんすばらしいことですが、それが「他の人や社会体制への批判」に寄り過ぎるのはどうかなー。。

仕事術系

個人的に特に力を入れて書いているのがこちらのカテゴリの記事です。このブログの大きな目的のひとつが、「仕事で苦しむ人を減らしたい」というモノなので、自分が今まで学んできたものを、なるべくわかりやすく言語化しようと心がけています。

仕事術系の記事や本は世の中に溢れまくってはいますが、その人個人が経験した実事例をもとにして解説すると読まれやすいなーという印象があります。「ストーリー性を持たせる」というヤツですね。

これからもコツコツと続けます。

ここまで読んでいただいた方はわかると思いますが、ぼくには確たるブログノウハウみたいなものはありません。

日々学んだことを、なるべくわかりやすく届けられるように書き続けているだけで、「こうすればバズる!」なんてことは全然わかりません。むしろわかっている人がいたらこっそり教えてほしいです。笑

これからも、ヘンにPVや拡散を意識しすぎることなく、少しでも役に立つ記事を書き続けられるようにがんばっていきます。