読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Outward Matrix

戦略コンサルタントのブログ。コンサルティング業務、英語、戦略策定、採用、育成等について書いています。

MENU

新書6冊分のブログを書いた感想を綴ってみる

ブログ

スポンサーリンク

★厳選オススメ記事!

こんにちは、Shin(@Speedque01)です。ちょっと前に気づいたんですが、いつの間にかこのブログの総投稿記事数が200を超えていました。

正確に言うと、この記事で207記事目ですね。最初は1ヶ月続けば御の字だと思っていたのですが、まさかここまで続くとは自分でもビックリです。

ぼくの記事ですが、ほとんどの記事は2,000文字を超えています。平均を取ったら、おそらく3,000文字は超えるのではないでしょうか。ってことは、今まで書いてきた文字数はどんなものになるのか、ちょっと概算してみましょう。

207記事 x 3,000文字 = 621,000文字

新書は、だいたい平気で10万字ほどあるといわれています。ということは、60万字 = 新書6冊分と換算することができます。これって、改めて考えると結構大きなことだなーと。

ぼくは、自分のコトバで世界にいい影響を与えたい

ぼくはまだ将来の目標的なものがしっかり定まっているわけでもないですし、世の中に誇れるような素晴らしい実績を残したわけでもない、どこにでもいるサラリーマンの一人です。でも、いつかどこかで、自分のコトバで世界に良い影響を与えられるような、そんな人になりたいと思っています。

そのような、コトバに重みがあり、他の人を動かせるような人になるためには、様々な実績を残さなければなりません。そして、それにはぼくはまだまだ道半ば、どころか道3%ぐらいだと感じています。

半年ブログを続けたことは、誇ってもいいのかもしれない

それでも、ぼくは半年ブログを続けたということ自体は、誇ってもいいのかもしれないな、と感じています。

もちろん、ぼくより長くブログを書き続けている人は枚挙に暇がないし、とても文章力があり、多くの人を動かすブログを書いている人もたくさんいます。その人たちと比べたら、Outward Matrixはまだまだハイハイもできていない赤ちゃんの状態かもしれません。

それでも、半年間ブログを続けることができたこと自体は嘘ではなく、そしてそれがぼくにある種の自信を与えてくれることもまた確かなのです。

飽きっぽいぼくを支えてくれたのは、紛れもなく読んで下さるみなさんのおかげです。

そして、こうやってブログを書き続けることは、ぼく一人では不可能でした。

ぼくは残念ながら文筆家としての才能はない。それは火を見るより明らかです。何の見返りも求めず、誰からの反応もなくても、自分の想像力や知見をもとに文章を書き続ける、そんな芸当はぼくにはできません。

「面白かった」「役に立った」というポジティブなコメントや、「考えが浅すぎる」「読む価値もない」という痛烈な批判、そういうコミュニケーションがあるブログという媒体だからこそ、ぼくはここまで続けることができました。

これからも、ぼくは自分の経験や考え、書評などをこのブログ上で発信していきます。役に立つ情報を届けられるよう、実力不足ながらも一生懸命がんばろうと思いますので、今後とも何卒よろしくお願いします!

Shin