読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Outward Matrix

戦略コンサルタントのブログ。コンサルティング業務、英語、戦略策定、採用、育成等について書いています。

MENU

Kindle unlimitedのビジネスモデルの盲点を突いた詐欺行為が面白い

社会

スポンサーリンク

★厳選オススメ記事!

こんにちは、Shin(@Speedque01)です。昨日、出勤する電車の中で携帯を眺めていたら、なにやら面白そうなニュースが飛び込んできました。

そう、Kindle unlimitedです。

ascii.jp

ちょっと引用します。

Amazonは、電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」を今日3日より開始しました。利用料金は月額980円(税込)で、初回30日間は無料で利用できます。

Kindle Unlimitedは、2014年7月に米国でスタート。日本は12ヵ国目のローンチとなり、スタート時点では和書は12万冊以上、洋書は120万冊以上が対象となります。ジャンルは、書籍、コミック、雑誌、写真集など豊富な種類が用意されています。 

なんかスゲーな・・・と感じ、とりあえず申し込みました。

www.amazon.co.jp

で、中身を見たところ、今まで読んできた名著や、読みたかったけど読めていないベストセラーばかり・・・。マジでこれが月額980円なのか・・・。

電子書籍については、こんな記事も書いているのでよければどうぞ。

www.outward-matrix.com

Kindle unlimitedのビジネスモデルで著者がもらえる報酬

ここでオススメ本のリンクを貼るだけでは芸がないので、ちょっとだけ英語ができる強みを活かして、この破壊的サービスのビジネスモデルについて調べてみました。

追記:無料で読めるビジネス本も厳選してみたので、良ければどうぞ!

www.outward-matrix.com

月額980円で本が読み放題・・・もちろん、ぼくたち読み手にとってはこんな嬉しいことはありません。しかし、著者にとってはどうなのでしょう?というか、そもそもどのような報酬体系になっているのでしょう?

この記事に詳しく書いてありました。

www.theguardian.com

Previously, authors were paid a flat fee for every reader who downloaded their book – typically around $1.30 (89p) per book. But after the change was introduced, they were instead paid six tenths of a cent for each page read, meaning that an author would have to write a 220-page book, and have every page read by every person downloading it to earn the same amount they previously got.

日本語に訳してみます。

かつて著者は、読者が本をダウンロードするたびに1.3ドルを得ていた。しかし、この変更(ページごとの支払い)が導入されてからは、ページごとに0.6セント払われるようになった。つまり、かつてと同じ報酬を得るためには、著者は220Pの本を書き、かつ読者がそれを読み通さなければならないということだ。

日本ではいくら支払われるのかざっと探しましたが、見つかりませんでした。ほぼ同じように1ページあたり0.6円支払われるのでしょう。(知っている方がいたら、教えてもらえると嬉しいです)

Kindle unlimitedのビジネスモデルを使った詐欺行為

単純に考えると、これはなかなか良い仕組みに思えます。なぜか。

いくらタイトルで煽ったり、いい感じのことをいってみても、中身がゴミだったら読んでもらえません。しかし、それでも著者にとっては印税が入るのですから、それでもいいのです。結果、今までの印税モデルだと、「それっぽいタイトルで中身がゴミ」という本を淘汰することができない。

しかし、ページごと支払うというビジネスモデルであれば、それは解消できるかもしれません。いくらタイトルで煽っても中身がなければ読んでもらうことができずお金が入ってこないため、結果としては中身が詰まった良書が残り、悪書は駆逐されると考えることができます。

ぼくの所感ですが、おそらくAmazonは上記のような社会正義に基づいた思想を一部持っていたのだと考えています。しかしながら、どこにでも悪い人はいるもので、こんな詐欺を働く輩が出てきました。

この記事から引用してみます。

www.theguardian.com

In practice, however, Amazon isn’t able to judge whether or not a reader has truly read a book, and so the company judges how much of the book has been read by the latest syncing position received by its servers. In other words, a reader who opens a book and skips to page 400 would be judged as having “read” 400 pages – and the author paid accordingly.

Typically, a reader would have little reason to do that. But a number of enterprising scammers have uncovered several ways to encourage them to do just that, according to the New York Observer. One method covered by the magazine involves selling the book in a number of different languages (typically machine-translated), with the English edition put at the very back of the book.

ワロタ。日本語に訳してみますね。

実際問題、Amazonは読者が本当に本を読んだか知る術を持っていない。よって、最後にサーバーとシンクした箇所によって、どのぐらい読まれたか判断している。言い換えると、読者が400ページ飛ばしたとしても、それは400ページ読まれたと判断され、著者に金が入るのだ。

普通の読者がそんなことをする理由はない。しかし、たくさんの野心的な詐欺師達は、この盲点を突いた(New York Observer調べ)。ひとつのやり方としては、機械翻訳をつかって様々な言語を本の中に紛れ込ませ、最後のほうのページにだけ英語を載せるというやり方だ。 

いやー、いろんなことを考える人がいますね。。。今後も、Kindle unlimitedというビジネスモデルをつかっていろんな詐欺をたくらむ輩はいそうです。

Kindle unlimitedのビジネスモデルを消費者以外の視点で見てみよう

Kindle Unlimitedが、消費者側としてみたら破壊的サービスであることは確かです。ぼくもすでに登録しましたし。

しかし、それだけでなく、著者側の視点に立ってみたり、書店側の視点に立ってみたり、これをつかった新しいビジネスモデルを考えてみるのも面白いですよ。

ぼくはKindleアプリで読んでますが、そろそろKindle買ったほうがいいかな・・・。

追記1:フランスではKindle Unlimitedは違法扱いされていた

ちょっと追加で調べてみたのですが、フランスではKindle unlimitedは違法扱いされていたようです。

France forces Amazon to change Kindle Unlimited

そのためAmazon側は、フランスでのKindle unlimited購読者に、返金のために14日猶予を与えるという妥協案を出すことになったようです。

One of the other big changes is that users have a maximum of 14 days to ask for a refund on their subscription. If a user in France signs up and after a week they realize this might not be for them, Amazon will give them a refund, no questions asked. This is very different from how they operate in the United States, where there is no refund policy. 

アメリカのKindle unlimitedでは返金規定はないとのこと。日本ではどうなるのだろうか。国をもざわつかせる破壊的サービス、Kindle unlimitedから、今後も目が離せません。

追記2:Kindle unlimitedは過去の名著を再生させる

日本版のNewsweekに、こんな記事が載っていました。

www.newsweekjapan.jp

出版の大きな役割の一つは「過去の豊かな知的資産の維持管理」であり、それが痩せ細れば読者の知的レベルは低下し、新刊の発行への制約は大きくなる。書籍は単独ではなく、ネットワークにおいて生まれ、読書も市場もそれを背景に発展するものだが、残念ながら社会が伝統的に持っていたアナログのネットワークがデジタルに移行することなく、多くは増刷も在庫もされず、廃棄されている。

出版社は、新刊点数を増やし続け、書店のスペースを「長く読まれるべき本」から「短期の廃棄プロセスにある本」に明け渡していった。かけるお金も時間も減らしているので新刊の内容は薄くなっている。ざっとこの30年余りに進んだ出版の質的荒廃はすさまじいものだ。1970年代までの人気作家の小説をセットで読むことなどはほとんどできない。

KUは何より、長く読まれるべき絶版本を復活させるために使われるべきだと思う。それによって印刷本の需要開拓と効率的な増刷(あるいはオンデマンドでの提供)の方法も見つかるだろう。人口が減少する社会の文化は自閉的になる。1970年代までの文化遺産は「読み放題」に最もふさわしいコンテンツを提供する。それこそ若い世代に読んでほしいものでもある。E-Bookは最もコストの安いコンテンツ/商品管理の手段だ。 

Kindle unlimitedをはじめとするオンラインの定期購読サービスのひとつの利点として、「過去の名著がたくさん読める」というのは確かにうなずけるところではあります。

リアル書店にももちろん過去の名著はありますが、それよりもやはり新著を置きたいもの。そうすると、本当に読まれるべき名作はどこかに追いやられてしまいます。 そうならないためにも、過去の名著をKindle unlimitedというプラットフォームに置いておき、多くの人たちが読めるようにするというのは、非常に社会的意義が大きいことであると言えるでしょう。

ただし、日本のKindle unlimitedでは、そこまで過去の名著は多くないというのが現状です。ぼくはビジネス書中心にかなりの時間Kindle unlimitedを探索してみましたが、超有名な古典等はほとんど無料化されていませんでした。

今後、そのような本もKindle unlimited上に置かれることになれば、さらにKindle unlimitedの魅力度は上がるでしょう。さらに多くの人がKindle unlimitedを購読するようになることは間違いありません。

そうなったときに、Amazonはいったいどのような戦略をとるのでしょうか。多数の購読者を得て、もう手放せないサービスとなった頃合いを見計らって、Kindle unlimitedの定期購読料をじわじわと上げていくのか、それとももっと他の狙いがあるのか。

今後も、Kindle unlimitedのビジネスモデルについて新たな情報が出てきたらいろいろと追記していきます。