読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Outward Matrix

戦略コンサルタントのブログ。コンサルティング業務、英語、戦略策定、採用、育成等について書いています。

MENU

「入社1年目の教科書」から、強く共感したポイントを5つ紹介する

おススメ本

スポンサーリンク

★厳選オススメ記事!

こんにちは、Shin(@Speedque01)です。今日は5年前に出版されたビジネス書のベストセラーのひとつ、「入社一年目の教科書」を紹介します。

著者はライフネット生命現社長、岩瀬大輔氏。氏の経歴をライフネット生命のホームページから引用してみます。

www.lifenet-seimei.co.jp

岩瀬 大輔 (いわせ だいすけ)プロフィール

1976年埼玉県生まれ、幼少期を英国で過ごす。1998年、東京大学法学部を卒業後、ボストン・コンサルティング・グループ、リップルウッド・ジャパン(現RHJインターナショナル)を経て、ハーバード大学経営大学院に留学。同校を日本人では4人目となる上位5%の成績で修了(ベイカー・スカラー)。2006年、副社長としてライフネット生命保険を立ち上げる
2013年6月より現職。
世界経済フォーラム(ダボス会議)「ヤング・グローバル・リーダーズ2010」選出。

主な著書

  • 「生命保険のカラクリ」 (文藝春秋、2009年)
  • 「入社1年目の教科書」 (ダイヤモンド社、2011年) 

BCG、リップルウッド、ハーバードMBAを経てベイカースカラー取得、ライフネット生命副社長から社長になり、ダボス会議にも選出と、「違う世界の人」感がすごいですが、入社1年目の教科書は紛れもなく良書です。

その中でも特に共感したポイントについて、ぼくの経験も絡めて紹介します。

「何のために」で世界が変わる

コンサルティングをやっている中で、常に切れ味の良いアウトプットを出し続ける先輩がいました。彼は、この「何のために」をいつも徹底的に突き詰め、その後作業を開始していました。これ、大事であることはみんな知っていると思いますが、実践できている人は少ない印象があります。

上司からのオーダーは、そのプロジェクト全体から切り出した一部分です。通常であれば細かい注文までは出してきません。しかし、どんな単純作業にも必ず背景があり、大きな目的に沿って動いているのです。

だとすると、一つ一つの仕事がどこを目指しているのかを知ることで、退屈な単純作業の意味は激変します。モチベーションも上がるのではないでしょうか。

上司としても、指示した以上の仕事をやってもらえると嬉しいものです。気が利く人材だと思われるのは、頼んでいないことまで見越して手配してくれる部下です。

ミスをしたら、再発防止の仕組みを考えよ

ミスは誰でもするものです。尊敬する上司に聞いてみても、「若い頃はメチャクチャ失敗をした」といっていました。ミスするところなど想像もできないぐらい優秀な彼でもそういう時代があったのですから、ぼくたちがミスをするのは全然普通なことなのです。

とはいえ、ミスをほったらかしにしていても意味がありません。なぜそれが起こったのか、どうやったらリカバリーできるのか、二度と発生させないためにはどうするのか、そういうことを徹底的に考える必要があるのです。

初めて犯した誤りであれば、それほど叱られることはないと思います。問題は「この間も同じこと言ったよね」と言われてしまうケースです。どんなに温厚な上司でも、同じ間違いを二度繰り返すと、さすがに本気の叱責が飛んでくるでしょう。

「これから気をつけます」

そういうのは簡単ですが、これだけだと同じミスを繰り返してしまう可能性があります。

上司から何を指摘され、自分はなぜそうしてしまったのか。叱責されたことを注意深く受け止め、再発防止のために何をすればいいのかを熟考するのです。

ぼくが考える再発防止策は、仕事のやり方を変えることです。ミスが起こらない仕組みを作り出すことだと思います。 

苦手な人には「惚れ力」を発揮

これめっちゃわかる。高学歴で仕事ができて自信満々で・・・という人は特に気をつけて欲しいポイントかもしれません。

いくら頭が良くても、職場での人間関係がうまくいかないとどんどん沈んでいきます。仕事も面白くないし、精神的にも追い込まれてしまうでしょう。「あんなバカなやつらと仕事なんかしてられるか」という思いに囚われてしまうかもしれません。そういう悪循環に囚われると、もう仕事が憎くて憎くてたまらなくなると思います。

それを防ぐために、相手の良いところを探してそこに惚れる「惚れ力」はとても大事です。どのような人にもいいところがあります。「自分が自分が」とアピールするよりも、他の人のいいところを探してそこに惚れるほうがよっぽど生産的ですね。

人は、自分に好意を持ってくれる人を邪険に扱いません。しかし、相手から嫌われているという空気は必ず伝わります。どんなに気難しい上司でも、良いところを見つけて尊敬すれば、おそらく嫌われることはないでしょうし、チャンスをもらうこともできると思います。

むしろ、嫌いな人、苦手な人ほど懐へ飛び込むべきだと僕は思います。お昼にでも誘ってじっくり話をすれば、そんなに悪い人ではないかもしれません。

「あえて言わせてください」で意見を言え

新人だろうがなんだろうが、会議に出るに当たっては絶対に何かしらの意見を言わなければいけません。そうでなければ、会議に出た時間はまったくのムダ、まわりから「ノーバリュー」の烙印を押されても文句は言えません。

ただ、やはり最初のうちは意見は言いづらいもの。岩瀬氏の言葉はそのような悩める新人の背中をやさしく押してくれます。

若さは特権です。若いから許され、若いから可愛がられるのです。この特権は中堅になるともう使えません。今のうちに特権を駆使してください。

誰も新人に完璧な答えなど求めていません。臆せずに意見を言ってみてください。意見を言う若者は、議論に貢献しようとする仲間として重宝され、様々なチャンスが巡ってくるはずです。 

社会人の勉強は、アウトプットがゴール

ぼくがブログを書いている目的のひとつにも重なりますが、何かを学ぶためには自分から発信しなければなりません。ただ受身で本を読んだり勉強しているだけでは、表層的な知識しかつかず、まったく使えるものになりません。

少しでも学んだらとにかく実務に活かしたりブログに書いたり、何かしら他の人からのフィードバックを得られる形でアウトプットするクセをはやいうちに身につけたいところですね。

たとえばマーケティングの本を読んだとします。

「ああ、勉強になったなあ」

そこで終わってしまっては、勉強した意味がありません。僕だったら、ライフネット生命にどう当てはめられるのかという視点で読んでいきます。この部分はそのまま使える。この話はこう読み替えればいいのではないか。ビジネスパーソンの勉強は、必ずアウトプットに結び付けるべきだと僕は思っています。 

リアルな良書。オススメ!

どんなもんかなーと思って読み始めましたが、たしかにベストセラーになるのがわかる良書でした。新社会人向けに、誰でもできる心掛けや具体的な行動を噛み砕いて伝えていて、早いうちに実践しておくべきことがぎゅっと詰まっています。

よろしければぜひ実際に読んでみてくださいね。価格以上の価値は確実にある本です。

次はこの記事をどうぞ:Todoリストの超具体的な活用方法を紹介するよ - Outward Matrix