読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Outward Matrix

戦略コンサルタントのブログ。コンサルティング業務、英語、戦略策定、採用、育成等について書いています。

MENU

レールを外れるのは、自力で稼げるようになってからにしよう

社会

スポンサーリンク

★厳選オススメ記事!

こんにちは、Shinです。最近、安易に「レールを外れる」選択をしてしまう人が多いような気がします。

「大学いかず、高卒でフリーターやりながらプログラミングを勉強する」、「おれが好きなことはブログなんだ、会社を辞めてそれで稼ぐ」などなど・・・。もちろんすべては個人の自由ですので、本来ぼくが口を挟む権利などないんですが、敢えて言わせてください。軽率な決断をすると、絶対後悔するので止めてください。

レールを外れた人たちは、みんなちゃんと稼いでいる

あなたが知っている、レールを外れた人たちの顔を思い浮かべてみてください。個人的にぱっと出てくるのはこちらの方々ですかね。

www.jimpei.net

www.aikatorisu.net

www.warorince.com

www.inoueyuuki.com

彼らは、実はレールを外れる前にちゃんと自力で稼ぐ経験をしているのです。情熱的に見えて、その実非常に冷静。「これなら絶対に自分1人、もしくは家族ぐらいなら食べさせていけるだろうな」という自信があったからこそ、存分にレールを外れて活躍することができているわけです。そして、それは今のぼくやあなたにはできないことなのです。

ブログで稼ぐ、フリーランスで稼ぐ、YouTubeで稼ぐ・・・何でもいいですが、あなたはそれでどのぐらい稼げるのでしょうか。どのぐらい社会に貢献できるのでしょうか。

もしかしたら、あなたは運良くどこかで評価されたことがあるのかもしれません。運良くどこかの企業から記事広告を頼まれたりだとか、寄稿依頼を受けたりだとか、そういうことがあったのかもしれません。しかし、それがその後ずっと継続してあなたやあなたの家族を守れるという保証になるのでしょうか。

稼げる理由もないのにレールを外れると、もう後戻りはできない

人間の感情、決断というのは非常に刹那的なものです。あとで考えると、なんでこんなことをしてしまったんだろう、と思うことがあなたにもよくあるのではないでしょうか。そしてそれは、レールを外れるという決断にも適用されます。

今あなたは「自分はブログで食べていけるのかもしれない」「フリーランスでやっているのかもしれない」、そういうことを思っているのかもしれません。

しかし、半年後、1年後、2年後、5年後・・・あなたはその決断をどう振り返るでしょうか。稼げる理由もないのにレールを外れてしまうと、もはや後戻りはできません。

僕の大学の友人に、非常に優秀で魅力的な文章を書いていた人がいます。

彼は、ある大手のメーカーに入ったのですが、フリーのライターになると言って会社を辞めてしまいました。その時、彼に仕事をくれる会社がいくつかあったようです。おそらくそれで毎月5万から10万円ぐらいは稼げていたのではないかな、とぼくは推測しています。

しかし、そのぐらいの実績があり、非常に魅力的な文章書く彼でさえも、それからほとんど仕事はなくなってしまったようです。そして今は実家に引きこもり、ほぼ何もしていないという話を聞いています。今、彼とは連絡を取っていませんが、おそらく戻れるものならば辞める前に戻りたいと思ってるのではないでしょうか。

稼げる理由もないのにレールを外れてはなりません。その決断を後悔するのは、他でもない未来のあなたなのです。

どうしてもレールを外れたいなら、自力で月20万円ぐらい稼げる力をつけよう

どうしてもレールを外れたいなら、まず自力で月20万円ほど稼いでみてはいかがでしょうか。

月20万円ぐらい安定的に稼げる力があるとしたら、とりあえずご飯を食べていいことぐらいはできると思います。もしそうでもないのにいますぐ恵まれたレールを飛び出そうとしているのならば、それは考えを改めたほうがいい。

レールを飛び出すその前に、今のその状況をどうすれば改善できるか、どうすればもっと毎日充実して過ごせるか、そういうことを考えたほうがいいと思います。

軽率な決断で、人生を台無しにする人が1人でも減ることを願って。