読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Outward Matrix

戦略コンサルタントのブログ。コンサルティング業務、英語、戦略策定、採用、育成等について書いています。

MENU

超名作「マトリックス」と、Outward Matrixの由来について。

ブログ

スポンサーリンク

★厳選オススメ記事!

こんにちは、Shinです。今日は、超名作映画「マトリックス」の紹介をしつつ、このブログを「Outward Matrix」と名づけた理由についてお話しようかと。

マトリックスを最初に見たときは、あまりのかっこよさに震えました。速攻で黒のロングコートを買いたくなりました。

厨二病患者にはもうたまらんですね。

さて、本題に入りましょう。

超名作「マトリックス」とは?

ほとんどの方はご存知かと思いますが、念のためWikipediaからあらすじを引用します。

トーマス・アンダーソンは、大手ソフトウェア会社のメタ・コーテックスに勤めるプログラマである。しかし、トーマスにはあらゆるコンピュータ犯罪を起こす天才ハッカーネオという、もう1つの顔があった。平凡な日々を送っていたトーマスは、ここ最近、起きているのに夢を見ているような感覚に悩まされ「今生きているこの世界は、もしかしたら夢なのではないか」という、漠然とした違和感を抱いていたが、それを裏付ける確証も得られず毎日を過ごしていた。

ある日、トーマスは「起きろ、ネオ」「マトリックスが見ている」「白ウサギについて行け」という謎のメールを受け取る。ほどなくしてトリニティと名乗る謎の女性と出会ったトーマスは、トリニティの仲間のモーフィアスを紹介され「貴方が生きているこの世界は、コンピュータによって作られた仮想現実だ」と告げられ、このまま仮想現実で生きるか、現実の世界で目覚めるかの選択を迫られる。日常の違和感に悩まされていたトーマスは現実の世界で目覚める事を選択する。次の瞬間、トーマスは自分が培養槽のようなカプセルの中に閉じ込められ、身動きもできない状態であることに気付く。

トリニティ達の言ったことは真実で、現実の世界はコンピュータの反乱によって人間社会が崩壊し、人間の大部分はコンピュータの動力源として培養されていた。覚醒してしまったトーマスは不良品として廃棄されるが、待ち構えていたトリニティとモーフィアスに救われた。

トーマスは、モーフィアスが船長を務める工作船「ネブカドネザル号」の仲間として迎えられ、ハッカーとして使っていた名前「ネオ」を名乗ることになった。モーフィアスはネオこそがコンピュータの支配を打ち破る救世主であると信じており、仮想空間での身体の使い方や、拳法などの戦闘技術を習得させた。人類の抵抗軍の一員となったネオは、仮想空間と現実を行き来しながら、人類をコンピュータの支配から解放する戦いに身を投じる事になった。

もうあらすじを読むだけで興奮してきますね。SFの王道を押さえつつ、アクションや音楽も非常にクールで、何回も何回も見ました。

そうやって何回も見ていくうちに、マトリックスの真の面白さにだんだんと気づいていきました。もちろんアクションやストーリー、映像美も魅力的ですが、それ以上に「この世界は仮初のものである」という哲学的なメッセージがだんだんと自分の中に入り込むようになってきました。

この世界はもしかしたらただの夢で、ぼくは本当はコンピュータにつながれて眠っているだけかもしれない・・・そういう疑いが確かに自分の中にも芽生え始めたのです。

ちなみに、この思想自体は取り立てて新しいものではありません。1982年に、哲学者のヒラリー・パトナムによって「水槽脳仮説」が打ち立てられていて、マトリックスのメッセージはこれと完全に同じです。

ある科学者が人から脳を取り出し、脳が死なないような特殊な成分の培養液で満たした水槽に入れる。脳の神経細胞を、電極を通して脳波を操作できる非常に高性能なコンピュータにつなぐ。意識は脳の活動によって生じるから、水槽の脳はコンピュータの操作で通常の人と同じような意識が生じよう。

実は、現実に存在すると思っている世界は、このような水槽の中の脳が見ている幻覚ではなかろうか?(Wikipediaより引用)

こういう話が好きな人には、飲茶氏の哲学解説本「哲学的な何か、あと科学とか」を推薦します。面白すぎて時間を忘れて読んでしまうこと間違いなし。

ブログ名「Outward Matrix」

ブログを始める際に、ぼくも少しブログ名に悩みました。Shinのブログ、とかじゃちょっと味気ないし、何か良いカンジの名前をつけたい・・・そんなときに頭に浮かんだのが、マトリックスだったのです。

この世界は仮想現実かもしれないという疑いを抱きつつ、その枠組みから外れ、あるかどうかわからない「本当の現実」を捉えるためにマトリックスの外側へ行こうとしてみる、そのためになるような情報を提供してみたい・・・そう思い、「マトリックスの外側 = Outward Matrix」とブログ名を名づけたのです。

厨二病くさいし覚えづらいしで、一般的にはいいブログ名ではないと思います。でも、個人的には自分の好きな映画作品を入れるとともに、納得のいく意味づけができたので、お気に入りです。

ということで、今後ともOutward Matrixをよろしくお願いします。