読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Outward Matrix

戦略コンサルタントのブログ。コンサルティング業務、英語、戦略策定、採用、育成等について書いています。

MENU

本当の志望動機を作るための3つのステップ

就活

スポンサーリンク

★厳選オススメ記事!

f:id:Speedque01:20160226090303j:plain

志望動機の組み上げ方について、ちょっと考えてみようと思います。

 もうすでにいろんなウェブサイトとか本で、どうやって志望動機を作るのかって書いてあると思うんですけども、あれはあまり信用ならないと思っています。言っちゃ悪いですけれども、表面的な記載になってるところが多く、そのままやっても絶対面接官におかしいぞって思われてしまいます。

なんでそういう表面的な記載ばっかりになってしまうかっていうと、そもそも前提条件に無理があるんですよね。だってそんなにすぐ、「XXに行きたい!なぜならこうだから!」っていう明確な理由が、就活を始めて1ヵ月とか2ヶ月の人に分かるはずないです。なのでどうしても付け焼き刃的な、表面的なTipsしかないんじゃないかなぁと。

本当の意味で志望動機というものを語りたいのであれば就活が始まると言われている3年生とかよりも以前にさらにいろんな経験を積んでおくべきじゃないかなと思っています。それを3ステップに分けて簡単にご説明しようかなと思ってます。

ステップ1:面白そうな業界、会社を探す

ひとつめはコレですね。何となく面白いと思った業界もしくは会社を見つけてみましょう。

いろんな就活サイトもそうですけど、普段から色々ニュースとか見ておけば、「この会社って何やってるんだろう」「この会社の人はどういう働き方をしているんだろう」「この会社の人たちは何が面白くて働いているんだろう」、そうやって思うことが結構あると思います。そうやって何となくピンときた会社業界っていうのを自分の中に留めておきましょう。で、軽くでいいんですけど、「なんでぼくはその会社に興味を惹かれたのかなあ」というところもちょっと考えられるといいですね。

ステップ2:実際に働いてみる or 実際に働いている人に話を聞く

2ステップ目は、「実際に働いてみる、もしくは、実際に働いている人に話を聞きまくる」です。結局Web上の情報とかって結局あまり鮮度が良くなくて、自分の中にそこまで残らないんです。なので興味がある会社とか業界があったら、そこに「ぜひ働かせてください!」と言って、1年生の頃からそういうところの門を叩いてみて、実際働いてみるのが一番いいかなと思います。ま、他にも留学をしたいだとか遊びたいだとか、いろいろあると思うので絶対やれとはいいません。ですが、もし本当に志望動機っていうものをちゃんと語りたいのであれば、強くおすすめします。

それが難しい場合だとしてもぜひ定期的にOB訪問はしてみてください。「1人にやったからいーや」じゃなくて、可能な限りたくさん。それで、「どういう感じの人がいるのかなー」とか「ほんとはどんな働き方なのかなぁ」とかそういうところのデータに現れない情報をたくさんゲットしましょう。そうしていけば、「ここなら僕は働いていけそうだな、楽しそうだな」ということがわかります。

ステップ3:ステップ1と2を何度も回す

3ステップ目は、1と2をとにかく繰り返しまくることです。最初ピンときた業界だったとしても、働いてみたりOBと話してる間に「あれ、なんかやっぱり違うな」と思うことが結構あると思います。「違うな」と思ったら一旦やめてみて、他に興味が惹かれることがないか考えてみましょう。で、また別の会社で働いてみたり、別の業界の人たちにたくさんあったりして、自分の中のカンというものを磨いていく、という感じ。

正直就活を始めてからでは遅い

で、こういうことをやろうとすると正直3年生から始めたいいのではかなり遅くなってしまうんですね。1年生から、遅くとも2年生くらいの頃からちゃんとやっておくべきじゃないかなと思っております。よくある志望動機の練り方がイマイチなのばかりなのも、結局3年生の時から付け焼き刃で何とかしようという発想が元になっているためですね。まぁ単純にいろんなところで働いてみるだとかいろんな会社の人に話を聞くっていうのはとても楽しいですし、旨いご飯もただで食べられるのでぜひやってみてください。もしコンサルティングファーム関連のこととか就活全般で相談があれば多分相談乗れるので連絡を下さいね。