読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Outward Matrix

戦略コンサルタントのブログ。コンサルティング業務、英語、戦略策定、採用、育成等について書いています。

MENU

社会人1年目に叩き込まれた仕事のコツ10選

ライフハック

スポンサーリンク

★厳選オススメ記事!

こんにちは、Shin(@Speedque01)です。

いやー1年目はキツかった。少し経った今でもそう思います。

もちろんそれはぼくが要領が悪かったというのが一番の原因で、もっとサクサクできる人はいくらでもいるでしょう。思ったより優しい人は多いので、新しく社会人になるみなさまはご安心ください。

とはいえ、「これできれば知っておきたかったな!」とか、「他の人にとっては当たり前かもしれないけど、ぼくはしらなかった・・・」というような仕事のコツが、具体的なものから抽象的なところまで様々あるので、ぜひみなさんにはぼくを反面教師として今のうちに叩き込んでおくことをおすすめします。そうすれば無駄に怒られることがなくなると思いますよ。
※また、ぼくが上司として新入社員に教えていることについては、下記の記事でまとめているので、よろしければごらんください。

ではいってみましょう。

わからないことがあったら即座に聞け

当たり前のことです。でも、これを本当にできている人がどれだけいるでしょう。わからないことをわからないといえず、そのままずるずるいってしまっていませんか?

わからないこと自体はしょうがないことです。それを聞くことで怒る人は・・・まああんまりいません。わからないことをそのままにし、あとで大惨事を引き起こさないよう、勇気を振り絞って「すみません、ここわかりません!忙しい中済みませんが教えてください!」と叫びましょう。

もしかしたら、「何がわからないのかわからない」という状況に陥ってしまっているかもしれません。そういうときはいったん落ち着いて、紙にいろいろと書き出してみましょう。そのためのツールとしては、ゼロ秒思考がオススメですよ。
参考:ゼロ秒思考を2年間実践した結果をレポートしてみる - Outward Matrix

質問はわかりやすくクローズ型にしろ

質問することができたあなた、おそらく一発目は確実に失敗するでしょう。「何聞きたいのかわかんねぇよ!」的な反応が先輩から返ってきてしまうはずです。

「これわかんないんですけどー☆」で許されるのは大学生までです。会社でこれやったらぶっ飛ばされます。

「○○さんのここの発言の意図が今一つ読み取れません。今までの議論の流れを鑑みるに、××ということかなと推測しているのですが、あってますでしょうか?」的な、Yes/Noで答えられるクローズ型質問にできるまで自分で噛み砕いてから聞くクセをつけましょう。
学生のときとは違い、あなたは会社のために利益を生み出さなければなりません。先輩から大事な時間を奪うことは、可能な限り避けましょう。自分で真剣に考え抜き、それでもわからないことを聞くという姿勢があれば、先輩は必ず親切に教えてくれるはず。

質問されたら定量的に答えよ

逆に先輩や上司から質問された場合、さてどうしましょう。

ふわふわした回答を返しても、返ってくる反応は十中八九「は?」になります。「どのぐらいかかりそう?」と聞かれたときに「けっこうかかります!」と言われたらどう思ういますでしょうか・・・?
「約2時間です。」「3人日必要です」などなど、可能な限り定量的に答えましょう。

※ちなみに要領の悪いぼくは、先輩方からの「は?」「え?」「で?」「だから?」「なんで?」の波状攻撃を受け続けるという特技を持っていました。

仕事は逐一タスクシートに記入していき、進捗を見える化しろ

タスクシートっていう便利なモノがあることをしらなかった1年目のぼく。
そんなに忙しくないときはいいのですが、やらなきゃいけないことが増えてくるにつれて頭の容量が圧迫され、たまに限界を超えて真っ白になったりしていました。

先輩に、「どうやったら冷静に一つずつこなしていけるんですか・・・」と聞いたところ、回答は極めてシンプル。「え?まさかタスクシートつかってないの・・・?」

ちゃんとしたTodo管理リストを使って仕事を進められたとしたら、あなたはその時点で他の同期より一歩も二歩も先んずることができます。逆に最初のうちにこのクセをつけておかないと、いつまでたっても「仕事ができない人」のままになってしまいます。

ぼくは最初に苦労した経験を生かし、自分自身でめちゃくちゃに使いやすいTodo管理リスト、その名も「最強のTodoリスト」を作成しました。自分だけではなく、後輩や同期にも渡して使ってもらっていますが、評判はとてもいいです。
参考:最強のTodoリスト|Shin@Outward Matrix|note

毎朝、前日のタスクの積み残し&本日の予定確認をしろ

突如先輩から、「おまえさ、今日の予定は?」とふいに聞かれたことがありました。そこで明確に説明できなかったぼく、もちろん激オコされました。

「おれですら毎朝残タスク確認と予定の明確化するのに、なんで新人のお前はやらないの?そんなことせずとも完全に理解しているってことなの?」

はい、すみませんでした。やります。
参考:まだ残業で消耗してるの? 仕事がマジで速くなる具体的な5つのコツ - Outward Matrix

セルフレビューは5回繰り返せ

新人の仕事なんて穴だらけなのは当然です。とはいえ、忙しい先輩や上司の時間を取りまくっていると、いつの間にか「あ、こいつはこの程度の仕事もできないんだな」と思われ、チャンスがどんどんなくなっていきます。

ぼくらが何か資料を作成する際は、想像以上につまらないミスをしているものです。変換ミス、計算ミス、他の資料との整合性、etcetc・・・

それらは意外と、何回か見直せば自分でも気づくもの。なるべく上司の手を煩わせないためにも、5回は見直しましょう。

作成2割、レビュー8割

上記とかぶるのですが、大事なことなので表現を変えてもう一度。

資料作成自体は、最初は荒くてもいいのでササッと終わらせる。そして、それから質を最大化するためのセルフレビューに時間をかけましょう、そういう教えです。

レビューというのは最後のおまけプロセスではなく、資料作成の本丸だということを速めに理解していればな、と今でも思うことはよくあります。

笑顔で明るく元気よくいろ

賢いみなさんにはアホらしく思われるかもしれませんが、これは非常に大事です。仕事もできない新人が、暗い顔していたりカリカリしていたらどうでしょう?

「なんでお前仕事もできないくせに機嫌まで悪いんだコラ」という先輩たちからの暖かい()目線は避けられません。

なかなか難しいのですが、基本的に笑顔を絶やさず元気にお仕事しましょう。自分の精神衛生上もそっちのほうがだいぶ楽です。

上司やクライアントからすぐ声をかけてもらえる存在であれ

プロジェクトではいろんな情報が錯綜しているもので、なるべくそういう情報を早い段階でゲットすることが大事になってきます。そうしないと仕事の全体像も見えず、資料のクオリティも仕事の楽しさもどんどん減衰していきます。

なかなか最初からは難しいですが、上司やクライアントから「こいつには早めにこの情報を伝えておこうかな」と思われるようになると、だいぶ仕事がしやすくなります。「明るくて話すと元気になる」「特定の領域に強い」などなど、何でもいいので何らかの強み的なものを持っておくといいかもしれません。

「ん?」と思ったらほったらかしにするな

仕事を進めていくと、どこがどうおかしいのか明確に言語化できないものの、なにか引っかかることがでてきます。そういうときは、必ずどこかしらに綻びがある状態です。その直感を無視せず、少しでいいので時間を取って、その違和感を解消すると後で慌てる頻度が少なくなっていきます。

なんとかなるよ!

結局、いろいろ自分で失敗しながら学んでいくものです。新人の失敗を詰めまくるようなサイコパス上司はそんなにいない(はず)ので、ひとつひとつ学んでいければいいんじゃないかなーと思います。

次はこの記事をどうぞ:Todoリストの超具体的な活用方法を紹介するよ - Outward Matrix