読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Outward Matrix

戦略コンサルタントのブログ。コンサルティング業務、英語、戦略策定、採用、育成等について書いています。

MENU

やりたいこと?そんなんとは比べ物にならないぐらい大事なものがあるんだよ

就活

スポンサーリンク

★厳選オススメ記事!

f:id:Speedque01:20160221192837j:plain

そろそろ就活が本格化するシーズン。大学生は気が気じゃないでしょう。

巷には怪しげなセミナーがたくさん。「やりたいこと発見セミナー」「徹底自己分析セミナー」etc

それでなんとなく"やりたいこと"っぽいものを必死に絞り出し、頑張ってデコレーションし、どっかの会社に拾ってもらう。

んで、がんばって入ったと思ったら、「せっかく一生懸命就活やったのに、仕事めちゃめちゃつまらん。つまらんどころか辛い」となる。悲劇。

やりたいことなんて見つかるはずがない

OB/OG訪問に行く機会があれば、ぜひぜひ社員さんたちに聞いてみればいい。
「あなたはやりたいことがありますか?本当に今の会社でそれが実現できていますか?」
もちろん、"会社の評判を落とさないように"と人事から言い含められているOBとOGのみなさんは、「もちろん!」と回答をしてくれるはずです。

でもね、それ嘘。

本当に自分のやりたいことと、会社での仕事でやっていることが一致している人なんて極々極々一部だけです。みなさんが連絡を取れるようなOB、OGにそんなことができている可能性はほぼ0といっていいでしょう。でも、それは極めて自然なことですし、全然恥ずべきことでもない。

なぜか。

会社は自分がサービスを提供することで、対価としてお金を頂く場所です。大学生だったそれまでとは完っ全に真逆。ぼくたちは金を貰えるんです。月に何十万円も。会社はそれだけの負担をしてくれてるんです。

それだけでも十分感謝すべきなのに、「やりたいことやらせてくれない」?そんな甘い話があるはずない。

だから、ほとんどすべての会社員は、会社から命じられた仕事を、いやいやながらこなし、たまにデートしたりビール飲むことで憂さを晴らすわけです。そんなこんなしてる間に、「やりたいこと」なんて見つかるでしょうか?

「Yes」と答えられる人は、本当にごくごく一部の超優秀な人であるか、マインドコントロールされているか、とにかく自分に"これでいいんだ、これがやりたいことなんだ"と言い聞かせている人、のどれかでしょうね。

そう、社会人でもそんなものを見つけられない中、就職活動をしている学生にそれを見つけられる可能性は限りなく低い。

とすると、仕事を探すときにぼくたちが最重要視するべきものはなんだろう。

給料?会社のブランド?業界?グローバルな環境?

どれも全然違います。

ぼくたちが必死になって探さないといけない大事なもの

ぼくらが必死になって見つけないといけないのは、「心から尊敬できる先輩や上司」です。自分より圧倒的に優秀であり、かつこの記事この記事で述べたような人を潰すような扱いをしない人。そういう人がたくさん集まっている場所を必死になって見つけて、そういう環境で働くべきです。

ぼくにとってその環境はコンサルティングファームだったので、必死にコンサルティングファームにいくために就職活動をしました。結果論ですが、正解だったと思っています。いろいろ思うところはあるにせよ、ぼくにとっては最良の環境です。

もちろん、コンサルティングファームはぼくにはあっていましたが、それが万人に合うわけではない。ドブラックな企業で死ぬ寸前まで働いている人が輝いて見える人もいるでしょうし、典型的な日系企業で社内政治をうまくこなしながらヌルヌル働いている人に憧れる人もいるでしょう。

あなたは誰のどういうところに惹かれるのか?それはなぜか?そういう人たちと一緒に働くには今何をすべきなのか?

それが、ぼくらが今自らに問うべき質問である、ぼくはそう思っています。